ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月30日

厄年の次の年のお参り

厄年を気にされる方が多くおられ、毎年たくさんの方が、厄祓のご祈祷をされます。

通常、厄年は、前厄、本厄、後厄と3年続きます。

出来ましたら、3年厄祓をされるのがよろしゅうございますが、それが難しければ、せめて本厄の年だけでも厄祓の御祈祷を受けられるのがよろしゅうございます。

しかしそれにも劣らず重要なのが、各厄年の次の年の感謝のお参りです。

神様に厄年を護って頂き何も厄介なことが起こらなかったことへの感謝のお参りを是非なさるのが肝要です。

それに加えまして感謝のお参りをなさいますと、ご神前は蓄電池の様なものでありまして、益々感謝のお参りが増えるようになるそうです。

感謝が感謝を引き寄せ、喜びは喜びを引き寄せるようです。

参拝なさる方で、お参りをするたびに顔がにこやかになるという方も存じ上げております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg神社年鑑内容5-18-R2.jpeg神社年鑑表紙5-18-R2.jpeg
posted by miya at 00:52| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年05月29日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年05月29日

神棚の清祓

部屋や建物は定期的に掃除致しますが、それに加えまして、部屋の清祓をされて部屋に知らず知らず溜めてしまった、或いは勝手に入ってきた悪しき気を祓へ清められる方はたくさんおられますが、これは神棚に付きましても、同様であります。

出来れば毎日、それが難しいようでしたら、定期的にお供えなさっている水・塩・洗米などを取り替えられ、神棚を綺麗に保たれることは、いつも見守って下さっている神様への感謝の念を伝えられる上で肝要です。

しかしながらそれに加えまして、神職にお願いされて神棚の清祓をなさるのもよろしゅうございます。

あたしたちの住む部屋の清祓と同時に、神様をお祀りする神棚を清祓することにより、神様の良き気を何に邪魔されることなく受け取ることが出来るようになります。

神職による清祓が難しい時には、大祓詞や祓詞を唱えられて、ご自身で、神棚の清祓をなさることもよろしゅうございます。

神道は、清浄を重要視いたします。

今回の新型コロナウィルス禍を日本が上手く抑え込んでいますのも日本人の清潔付きが関係していると云われております。

神棚そして、祖霊舎の清浄もお心がけ下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 01:02| Comment(0) | 神主からの言葉