ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月03日

自分自身でこの世に天国を創る

この世に居りますと、様々な場面で人間関係が関与してまいりますので、良くも悪くも、何かが起こった時、何かを起こそうとするとき、人のせいにしがちです。

しかし、真実は、周りの人はそこに存在するだけで、すべてのこと・すべての想いは自分自身で作り上げているのだそうです。

一緒にいると心地よい人を探すのではなく、自分自身が、一緒にいると心地よい人になるようにするのだそうです。

自分が出しているエネルギーが心地よければ、先ず自分自身がリラックスできます。

誰といなくても、何をしていなくても、自分一人でリラックスできます。

天国を探し、天国に行こうとするのではなく、先ずこの世で自分自身で天国を創るのが肝要だそうです。

心を明るくして天国を心に創り、能天気といわれようが、楽天家といわれようが、何時に対しても善き面を探してみるようにするのが善き人生を得る要諦だそうです。

ある神職の方に幸せの秘訣をご披露頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 06:29| Comment(0) | 神主からの言葉

マインドフルネス

外出の自粛が続き、運動不足から体調を崩されている方、また、人ととの付き合いが少なくなり、孤独感にさいなまれ、精神的に不安になられている方、家族と一緒にいる時間が長すぎて、どう対応してよいのか悩んでおられる方などが多いそうです。

こういった時には、マインドフルネスを実行されるのが良いそうです。

マインドフルネスとは、自分が選んだ心のよりどころとなるものに意識を集中することであります。

お皿を洗うことで意識を集中できる人がいれば、呼吸でできる方もおられます。

意識を集中して、テレビゲームをするのでも良く、この機会に大好きな曲に意識を向けて聞いてみる、感動した本を読みなおすのも良いそうです。

このマインドフルネスは神道で申します今中の精神につながります。

こういったことに加えまして、毎日、一定の時間、静謐な時間を持たれて神様に手を合わされ、神様を意識し、神様といつも一緒と思われるのも、とても心を落ち着けるために良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpgお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 06:24| Comment(0) | 神主からの言葉

日本人は

アメリカの雑誌に面白い記事が掲載されていました。

著者は、イラン生まれの方ですが、日本に帰化された方です。

この方は、先の東北の震災の時の日本人の助け合いの精神や高い民度に感動なさった由ですが、今回のコロナウィルス禍に対しては、日本人は変わってしまったのかと思われたそうです。

テレビはこういった時にこそ社会を明るくすべく、そして、助け合いを醸成すべく編成すべきなのに、どの番組を見ても文句ばかりを言うだけで、有名人の方々も、何か協力できるかなどへの言及がない由。

出身国のイランのテレビでは、応援の番組が放送され、多くの有名人が競って高額を寄付なさっているそうです。

また困った時には、親戚同士で食べ物や物資を融通し合われることは日常茶飯事で、政府や他人に対する不平は少ない由。

日本の状況をご覧になられて、日本人は自分が社会の一員であるという自覚に疎いと感じられたそうです。

文句を言う前に社会の構成員としての自覚と協力を惜しまない姿を見せてほしいとおっしゃいます。

家にとどまり、家族や隣人を大事にする、不自由もしばらくは我慢する、税金で困窮者を分け隔てなく支援することを支持し、余裕がある方は寄付をする。医療従事者やインフラを支える人をサポートする、等々。

愛する日本人は、必ず目覚めるのでその時を待っておられるとの由です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg
posted by miya at 06:20| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年05月02日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉