ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月05日

寿命まで死なない

ある霊能者の方から面白い話を伺いました。

何を置いても死の恐怖ほど大きなものはございません。

そして、最大の未来の恐怖は、死であります。

病気で死ぬのではないか、交通事故で死ぬのではないか、など常に死の恐怖にさいなまれます。

しかし、真実は、病気や交通事故などであたしたちは死ぬのではなく、生まれる前に自分で決めてきたこの世での課題を終えて寿命を迎えた時に死ぬのだそうです。

さすれば、何が起ころうが自分で決めてきた寿命が来なければあたしたちは決して死ぬことはなく、逆にちょっとしたことでも寿命を迎えていればあたしたちは死ぬのだそうです。

病気や交通事故で死ぬのではなく、寿命を迎えた時にたまたま病気になっていたり、交通事故に巻き込まれるのだそうです。

さすれば、未来の恐怖におびえることに時間を無駄にせず、中今の精神で今できることを精一杯楽しんでやるのが肝要だそうです。

未来の恐怖はただの時間の無駄遣いだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg
miko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg3種のミニ朱印5-1-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg
posted by miya at 06:18| Comment(0) | 神主からの言葉

緊急事態宣言延長に際して

緊急事態宣言が5月末まで延長されました。

緊急事態が宣言されてから、医療関係者を始め多くの方々のご努力で、新型コロナウィルスの感染率が下がりつつあるようです。多くの困難が伴いますが、更なる努力で、新型コロナウイルスに勝利したいものです。

全国の神社でも新型コロナウイルス終息のための祈願がなされております。

さて、京都大神宮にお越しになられたい方も、外出自粛のため、ご参拝が叶わない方が、多いようです。

そのため、5月の朱印、書置きの朱印、及び、朱印帳の郵送をご希望の方からたくさんのお問い合わせを頂いております。

つきましては、通常は、ご参拝の折に授与しております朱印、書置きの朱印、及び、朱印帳のご郵送を緊急事態宣言が終了するまで延長しまして対応させて頂きます。

ご希望の方は、社務所まで電話を頂くか、ホームページのお問い合わせのところから、お問い合わせください。

もう少しの辛抱ですから、一致団結してこの国難を見事に乗り越えたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg

qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 06:14| Comment(0) | 神主からの言葉

亡くなった方は自由で寛大だそうです

ある霊能者の方から伺いました。

親孝行の方や、愛情深い方の近親者やご友人が亡くなられた時、亡くなった方の生前中もっと何かできたのではないかと悩まれる方が多いようです。

しかし、霊能者や臨死体験をなさった方は異口同音に、亡くなった方は、この世にいる時よりこの世を卒業なされ、神様の処におられる方が自由であり、この世での辛いことは忘れられ、また、すべてに対して寛大で、あたしたちの幸せだけを祈っておられるとおっしゃいます。

逆に亡くなった方が最も心配になられることは、残されたあたしたちが不幸になっていることだそうです。

さすれば、あたしたちが、いの一番にすべきことは、あたしたちは元気で幸せですと表明することだそうです。

そして、亡くなった方はあの世からあたしたちの幸せを祈念してくださっているので、あたしたちも亡くなった方のあの世での益々の幸せを祈念してあげるのが良いそうです。

毎日、神棚に手を合わされると同時に祖霊舎にも手を合わされるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg
巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg
posted by miya at 05:52| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年05月04日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉