ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月19日

為せば神様がなしてくださる

「為せば成る」と申しますが、存じ上げている霊能者の方によりますと、これは真実であるそうです。

しかし、それは、勝手に成るのではなく、神様が成してくださるのだそうです。

問題が起こりました時は、心がふさがり、未来に対する恐怖が増して、身がすくみます。

しかし、そこで、止まっていては、何も起こりません。

寧ろ何か悪しきことが起こりましたら、神様が未来に大輪の花を咲かせる種を蒔いてくださったのだと理解し、それに凹むことなく、中今の精神で、今できることを精一杯為すのが肝要だそうです。

この世では為すことが、経験することが、重要であり、その真摯な姿を、御霊磨きをしている姿を、見て、神様が成してくださるのだそうです。

それがゆえに、「為せば成る」なのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 02:35| Comment(0) | 神主からの言葉

和食と弁当

対人口比で新型コロナウィルス禍による死亡者数が日本人は圧倒的に少ないことから、その理由が何か、いろいろと探されているようです。

その一つに和食もあるのではないかと考えられているそうです。

和食には、自然免疫力を高める働きがあることが確かめています。

海からの各種ミネラルに加えまして、抗酸化物質もヨモギに含まれるものは、ブドウの皮より多いようです。

さらには発酵食品に含まれる乳酸菌など各種の微生物も、人間本来の健康システムをさらに強く活動させるものです。

ヨーロッパにも発酵文化がありますが日本のものはもっと深いそうです。

一説には、西洋料理は免疫システムを減衰させてしまいがちで、さすれば薬やサプリに頼らざるを得ないそうです。

和食には、美しい弁当の文化もあります。

今、レストランでの食事よりもテイクアウトのよる食事が注目されているため、弁当文化が新たな食文化を築くかもしれません。

日本では、それぞれの食品にも神様が宿られ、感謝して頂きます。

食品に宿られる神様の力を感謝して頂くのが和食の本義かもしれません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 02:31| Comment(0) | 神主からの言葉

使ってあげる

ある神職の方から教えていただきました。

自分の持ち物を使ってあげていますか。

「片づけ術」で有名な近藤麻理恵さんは、あたしたちの想像を越えてアメリカで有名です。

日本では家の狭さもあり、家の中の整理をするものですが、アメリカでは家が大きいせいか、買ったものを無造作に置いてしまうことが多いために、コンマリこと近藤麻理恵さんの本がアイオープナーになった経緯があったようです。

さて、近藤麻理恵さんの整理術の要諦は、ずっと使っていないものは捨てるのが良いというものです。

神道では、動物や植物のみならず、物や石にも魂が宿ると考えます。

ものに宿る魂にもお役目があります。

ものに宿る魂はあたしたちが使ってあげることによりそのお役目を果たすことが出来ます。

さすれば、持っているものをしまい込まないで使ってあげることが肝要だそうです。

逆にずっと使わないものは、既にそれを持っている方に対してのお役目は終わっているので、解き放してあげるほうが良いのだそうです。

使うときに感謝をして使いますと益々そのものの輝きが増して、善きことを引き寄せてくれるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg神社年鑑内容5-18-R2.jpeg
posted by miya at 02:26| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年05月18日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉