ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月30日

問題が起こって苦しい時には

生きていると次々と何かが襲ってきます。

目の前が真っ暗になり、息も苦しくなり、食欲も無くなり、ストレスが溜まって健康を害する人も多くおられます。

これは仕事だけにとどまらず、人間関係、健康問題、などなど多岐にわたります。

しかし、分けもわからず頭痛が続き、生きているよりと迄思い込みそうなときの逃げ方をある神職の方から教えていただきました。

まず、第一に苦しいのは自分だけじゃないと理解するのが良いそうです。

自分だけどうしてと思い、他の人はあのように楽しそうにと思いますと、辛さが増します。

しかし真実は、表面的には幸せそうでも、ほとんどの方が悩みを抱えておられ、辛さに身を震わせておられます。

自分だけじゃないと思えますとずいぶんと肩の力が取れ、心が楽になります。

次に、今の問題から敷衍する未来の恐怖の9割は実現しないという事実を思い出すことだそうです。

ほとんどのことは何とかなるのだそうです。

取り越し苦労をしないのが良いそうです。

その次には、少しの時間でも良いので、目の前の辛さを横に置いて好きなことを罪悪感なしに楽しむのが良いそうです。

その間だけは、辛さのことを忘れ楽しいことに没頭するのだそうです。

その次には、辛いことを紙に書きだし、それに対する解決策を同じく紙に書きだすのだそうです。

書き出すと心の凝りは取れやすくなります。

解決策は、思い付きでも、奇跡のようなことでも良いそうです。

そして、きっと神様は問題を解決してくださると神様に祈念するのが良いそうです。

祈念した後は神様に任せきりにするのだそうです。そうやって、今この瞬間は問題から身を離し、その時間を長くしていくのが良いそうです。

そのうち、現実の問題自体も消え去るそうです。

あたしたちは神様の子供であり、神様の子供に不可能なしと何度も心で唱えるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉

当たり前という奇跡

ある著名なスポーツ選手が興味深いことを語っておられました。

非常に素晴らしい運動神経と筋肉に恵まれ、試合に出る度に新記録を樹立され、ご自身もそれが当然と思っておられたそうです。

ところが、突然の大病を患われ、一切の練習が出来なくなり、一時は死の宣告をされたそうです。

大病は見事に克服されたものの、その後、以前当然の如くできた、子供でも出来る基礎的な運動も出来なくなられました。

それでも選手生命を絶ちがたく、少しずつ自分に負荷をかけて、全くの素人の状態から元の超一流の選手に戻るべく努力をし始められたそうです。

その方が、ある時、闘病中は、箸も持てず、補助なしでは歩くことすらできなかったのに、今、普通に食卓迄自分で歩き、席に付き、自分で箸を持って食べていることにハッとされて、以前当たり前と思っていたことが、大病を経験して、どれだけ幸せなのか、奇跡の連続であるのかがわかられたそうです。

以前はつらかった練習も、今は練習できること自体が奇跡で幸せだと思えるようになられ、生きる上でとても重要なものをもらったと思うとおっしゃっていました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 00:55| Comment(0) | 神主からの言葉

厄年の次の年のお参り

厄年を気にされる方が多くおられ、毎年たくさんの方が、厄祓のご祈祷をされます。

通常、厄年は、前厄、本厄、後厄と3年続きます。

出来ましたら、3年厄祓をされるのがよろしゅうございますが、それが難しければ、せめて本厄の年だけでも厄祓の御祈祷を受けられるのがよろしゅうございます。

しかしそれにも劣らず重要なのが、各厄年の次の年の感謝のお参りです。

神様に厄年を護って頂き何も厄介なことが起こらなかったことへの感謝のお参りを是非なさるのが肝要です。

それに加えまして感謝のお参りをなさいますと、ご神前は蓄電池の様なものでありまして、益々感謝のお参りが増えるようになるそうです。

感謝が感謝を引き寄せ、喜びは喜びを引き寄せるようです。

参拝なさる方で、お参りをするたびに顔がにこやかになるという方も存じ上げております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg神社年鑑内容5-18-R2.jpeg神社年鑑表紙5-18-R2.jpeg
posted by miya at 00:52| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年05月29日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉