ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年06月29日

各種季節印と書置きの朱印の授与期間

昨日、京都は、少し気温も下がり、また、雨も明かりましたので、街中は、人出も多く、楽しんでおられるようでした。

当宮にもたくさんの方にお参り頂き、有難うございました。

多くの方から、これまでの季節印と書置きの朱印の授与期間に付きまして、お問い合わせを頂いております。

3月から5月迄のそれぞれの月に因みました季節印と各月の限定の書置きの朱印は、6月30日迄授与いたします。

また、6月の季節印と書置きの朱印も6月30日迄とさせて頂きます。

27日から授与しております、七夕記念の書置きの朱印とミニの書置きの朱印に付きましては、7月7日迄の短期間となります。

なお、6月30日は、夏越の大祓の祭事の斎行がございますし、連日茅の輪くぐりにお越しになられる方も沢山おられますので、時間に余裕をもってお越しください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3-4-5月書置き朱印ー2 6-1-R2.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg京都大神宮の神札と蘇民将来の神札6-6-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg6月のミニ朱印2種類6-1-R2.jpg「水無月 ゆり」と「夏越大祓」の限定朱印6-1-R2.jpg
posted by miya at 03:17| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年06月28日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年06月28日

自分が心地よいものを取り入れる

ある神職の方から教えていただきました。

残念ながら、マスコミのながす報道には善きものと悪しきものとのバランスがとれていません。

圧倒的に悪しきもの、また善きことであってもその悪しき面ばかりを強調して報道するものが多いようです。

そのような報道を冷静に見ることが出来、咀嚼することのできる人は良いのですが、マジョリティーの人々は、知らず、知らず、その報道に引きずられ、自分自身の心もネガティブな考えで満たされてしまい、善き事、嬉しいことの占める場所が無くなりがちです。

しかも、それでは良い出来事を探すのは、テレビや新聞では至難の業です。

さすれば、必要以上にネガティブなニュースなどに触れないのが良いそうです。

マスコミが流すネガティブな情報以上にあたしたちの周りには善きことが溢れています。

今は、自分にインプットする情報は、自分自身で決められます。

ぜひ自分が心地よいものを取り入れるのが良いそうです。

偉人伝を読む、神話などを読むのも良いそうです。

また、小さい頃に読んだ童話なども心を温かくさせてくれます。

心を心地よくさせますと、周辺を見る目が変わり、それは善きことへ視線を注ぐことが出来るきっかけとなるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
七夕特別朱印6-26-R2.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg京都大神宮の神札と蘇民将来の神札6-6-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg6月のミニ朱印2種類6-1-R2.jpg「水無月 ゆり」と「夏越大祓」の限定朱印6-1-R2.jpg
posted by miya at 01:36| Comment(0) | 神主からの言葉