ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年06月16日

心を自由にする

自由を提唱する方は多いですが、多くの人が自分自身の心を自由にしていないのではないでしょうか。

目標を作ってその目標を目指すことは自分自身の向上のために重要ですが、それが過ぎますと、それは執着となり、心に凝りを作り、心の自由を失しなってしまいます。

心が自由になってないと感じられるときには、子供の時に好きだったことをやってみるのも一つの方法だそうです。

あたしたちは忘れてしまっていますが、子供の頃したくっても出来なかったことを、年齢を重ねるとともに叶えていることが多々あります。

とってもほしかったおもちゃ、行ってみたかった処、食べたかったお菓子、等々。

子供の頃に戻ったつもりになって、その様なものを手に取り、或いは行ってみるのも良いものです。

夢は叶い、子供の頃の自由な心を取り戻すことが出来ます。

それは、新しい夢の実現に向けての第一歩にもなるそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「水無月 ゆり」と「夏越大祓」の限定朱印6-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg6月のミニ朱印2種類6-1-R2.jpg
posted by miya at 05:59| Comment(0) | 神主からの言葉

神札のお祀りの仕方

京都大神宮は、伊勢神宮の遥拝所として建立されましたので、京都大神宮独自の神札は授与せず、神宮大麻のみを授与してまいりました。

しかし、京都大神宮の神札をご希望の方が多く、この度、京都大神宮の神札を授与することにいたしました。

京都大神宮の神札をお受けなさった方からお祀りの仕方に付きまして、お問い合わせを頂いておりますが、横に広い神棚やお祀りをなさる場所をお持ちの方は、向かって神宮大麻の左側にお置き下さい。

狭い神棚や神札をお祀りする場所しかない場合には、神宮大麻の後ろに京都大神宮の神札を重ねてお祀りください。

その他詳しい神札のお祀りの仕方についてご質問のある方は、社務所でご質問ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
京都大神宮の神札と蘇民将来の神札6-6-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg6月のミニ朱印2種類6-1-R2.jpg
posted by miya at 05:56| Comment(0) | 神主からの言葉

エイジングにアンチはない

昨今、盛んにアンチエイジングが叫ばれております。

しかしながら、存じ上げている霊能者の方に伺うとエイジング、つまり加齢は決して悪いことではないそうです。

あたしたちはすべからく歳を取りますが、加齢に伴う、いわゆる老化という現象は、これまで身体が頑張ってきたという勲章であります。

数多くの体験をした証ですから、誇るべきものであります。

また、加齢は来世への準備とも理解できます。

来世にやりたいことへの準備にも使えます。

また、若いころには、目標に向かって成果を求められる鍛え方となることがありますが、年齢を重ねるとともに、成果を求めず楽しむことが可能となります。

エイジングは悪いことでは全くないそうです。

常にありのままの自分を楽しむのが肝要だそうです。

そして、どの年齢の自分も、また生まれ変わることにより、何度も経験することが出来るのだそうです。

神様の子供であるあたしたちに悪いことなしだそうです。

悪いと思っていることはあたしたちが勝手に悪しきことと理解しているだけなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg京都大神宮の神札と蘇民将来の神札6-6-R2.jpg
posted by miya at 05:43| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年06月15日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉