ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年06月20日

病気を衒(てら)わない

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちは時に、無意識に、体中から自分の弱い処を探し出して、ここが悪い、体調が思わしくないなどと、人に語ったり、文章につづったりしがちです。

しかし、病気を衒ってはならぬそうです。

むしろ体調が悪くてもすこぶる元気といっていますと、その通りになるのだそうです。

何故かと申しますと、悪しき言葉は悪しき状態を引き寄せ、身体が、心がその悪しき状態が本当の状態と勘違いしてしまうのだそうです。

冗談であっても否定的な言葉、悪しき言葉を使わぬのが肝要だそうです。

どのような時であっても、今後は弱音を吐いた言葉は使わぬのが良いそうです。

神様にお願いを致します時にも、もっとよくなりますようにと、お願いなさるのが肝要だそうです。

それでも、心から悪しき想いがぬぐえないときには、当宮で授与しております神様の手紙などに、心の苦しさを、未来に対する恐怖を書き出し、神様に引き取って頂くのが肝要です。

神様に引き取って頂いたのですから、もう悪しき想いは心に入る余地がないと強く思われるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「水無月 ゆり」と「夏越大祓」の限定朱印6-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg京都大神宮の神札と蘇民将来の神札6-6-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg6月のミニ朱印2種類6-1-R2.jpg
posted by miya at 05:53| Comment(0) | 神主からの言葉

ご祈念がマンネリ化していませんか

毎日、神棚やご神前に向かってご祈念なさることはとても良いことであります。

しかし、どのような事にもその善き面と悪しき面がございます。

毎日、ご祈念されること自体は善きことでありますが、その悪しき面は、マンネリ化してしまい、ご祈念に、感謝に、心が入っていない事です。

勿論お参りなさらないよりはなさる方が数段素晴らしいのですが、ご祈念の内容を忘れて無意識のうちにご祈念が終わっていることはございませんか。

そのような時には、ご祈念の順番を変える、ご祈念の言葉を変えるなどなさって、ご祈念に心が入るようになさるのが肝要です。

またそうなさった時に、いつもと違った神様の気やお智慧を頂くことが出来ます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月のミニ朱印2種類6-1-R2.jpg
巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg夏越の祓符6-18-R1.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgお守りの記事3-8-H30.JPG地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG朱印帳本11-13-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgsyaoku.jpgqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif朱印帳全種6-2-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg
posted by miya at 05:44| Comment(0) | 神主からの言葉

ねばならぬは万病のもと

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちが悩みや恐怖を引き寄せるきっかけは、「ねばならぬ」というとらわれの心だそうです。

すべての「ねばならぬ」を解放致します時には、心の自由を得ることが出来るのだそうです。

ところで、この世に絶対的な法則として「何々せねばならぬ」というものは何もありません。

それはあたしたちが、無条件に、いちいち意識しないために、あるいは慣習として勝手に作り上げてきたものであります。

勿論、法則としたときには、帰納法的に帰着したものや、そうすることによって楽になったものもあるかもしれません。

しかし、いつの間にかそれに縛られますと、心の自由を失います。

こうなりますと、「ねばならぬ」は万病のもととなります。

たまには、「ねばならぬ」を解き放ち、心を自由にして、今本当に「ねばならぬ」ものは何かと考えるのが肝要だそうです。

そう云った時には、神様に手を合わせ、神様のお力をお借りするのも重要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
夏越の祓符6-18-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg京都大神宮の神札と蘇民将来の神札6-6-R2.jpg
posted by miya at 05:41| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年06月19日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉