ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年07月30日

亡くなった方の年祭を行う

神道では、人が亡くなりますと、そのあと、1年祭、3年祭、5年祭と行い、その後は、10年ごとに年祭を行います。

人は、二度亡くなると申します。

一度目はあたしたちがこの世を卒業して肉体を脱ぐとき、そしてもう一度は、人々の記憶から消えるときと申すようです。

もちろんあたしたちの本体は魂であり、魂は生き通しで決して死なないものですが、この世でお借りした肉体を通しての人生は一度だけです。

しかし、あたしたちがこの世を卒業しても、あたしたちがこの世で巡り合った人の記憶にある間はその方々の心で生きることになるそうです。

さすれば残されたものとしては、年祭の時などに故人のことを思い出して語ってあげることはとても重要だそうです。

故人も思い出してもらうことをとても喜ばれるそうです。

因みに、神様にお供えしたお供え物を直会に頂くのが良いように、故人にお供えしたものも、皆で一緒に食するのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg
posted by miya at 03:55| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年07月29日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年07月29日

就活

就職活動でご苦労なさっている方が多いようです。

通常でありましても、大変なところ、今年は新型コロナウィルスの感染拡大によりまして、益々ご苦労されている方が増えているようです。

存じ上げている神職の方のところにも就職に付きましてご助言を求めてこられる方が多いと伺います。

この神職の方は、その様な方に、「自分がやりたい仕事をできるだけ詳細に心に描き、その仕事は自分のためにもさることながら、自分がその仕事をすることによって社会に貢献できるのでどうか望みを叶えて下さい」と神様にご祈念される様にご助言なさるそうです。

そのようにご祈念できれば、そしてその思いを想い続けることができれば、神様がその方にとって最適な時にその願いを叶えてくださるそうです。

途中で方針を変化させる方や、思いが強くない方はほかの仕事を得ることになるそうです。

まだ望みに叶う就職が見つからないようなら、より良い就職がまだ待っているので、早晩その仕事に巡り合えるのだそうです。そう信じて、努力するのが肝要だそうです。

そのような時には、まずは、今従事している、目の前の仕事に一生懸命に向き合うのが良いそうです。目の前の仕事は、真に求める仕事を得るために必要なものなのだそうです。

必ず善き方向に向かうので、安心して頑張ってくださいとご助言なさるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏祭り」と「朝顔」7月の書置きの朱印7-1-R2.jpg
syaoku.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
posted by miya at 07:18| Comment(0) | 神主からの言葉