ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年07月08日

何が良いかの判断とは

ある神職の方から教えていただきました。

正しいことをしようと思うことは重要ですが、それでは何が正しいのか判断することは、とても難しいものです。

人を助けようとするとき、勝手な判断はできますが、その方にとってためになる判断とは何かというのは簡単には下せません。

例えば、ある方がお金に困っておられるとき、一見、お金を貸して差し上げるのが良いように見えます。

しかし、直ぐにお金を貸して差し上げることによりまして、その方が従来のお金の使い方を改められる機会をつぶしてしまったり、またお金を稼ぐ方法を検討なさったり、努力をなさり、より大きな器になられるチャンスを奪うことになるかもしれません。

どちらも良くもあり、悪しきもありです。

それではどうすればよいかと申しますと、先ず第一にその方を助けてあげようと思う自分自身を誉め、その様な自分に感謝し、ご神前で神様と相談なさるのが良いそうです。

その上で、結論を出したことが最善のこととして、なさったら良いそうです。

そのためにも毎日神様に手を合わされ、神様に常に近づいていることが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏祭り」と「朝顔」7月の書置きの朱印7-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
posted by miya at 03:00| Comment(0) | 神主からの言葉

夢中と客観

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちが常にバランスを取るべきことは、夢中と客観だそうです。

神道で申します中今の精神とは、どうすることも出来ない過去のことや未来から心の集中点を外し、今この瞬間に集中し、出来ることを思う存分楽しんでやるというものです。

それは、今この瞬間に夢中になるといい替えることも出来ます。

しかし、同時に無心・夢中になっている自分自身を客観的に俯瞰することも肝要だそうです。

何かに夢中になれること、そしてなることは、あたしたちが自分ならではの魂磨きをしていることだそうです。

しかし、夢中になりすぎて、極端になったり、それによりまして神様への道を踏み外さないように、その自分を客観的に見ることも肝要だそうです。

夢中になることを探して、無心に努力し、その一方神様の視点に立って客観的に・冷静にその自分自身を眺めていれば、完璧なのだそうです。

ただ、夢中になることは比較的簡単ですが、その自分を客観視することはなかなか難しいものです。

どうしても手に余ると思われるときには、神様に助けを求められたら良いそうです。

神様からお智慧を頂き、軌道修正すればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg
posted by miya at 02:55| Comment(0) | 神主からの言葉

当たり前と思わない

周辺に起こることは、あたしたちの心の持ち方によりまして、如何様にも変わってくるそうです。

大して意識もせず、何も不思議なことは起こっていない、すべて当たり前と考えますと、そこに感動の心も、感謝の心も起こってまいりません。

しかし、蛇口を捻れば水が出る奇跡、スイッチ一つで部屋が明るくなる奇跡、自分の身丈に合う衣類のある奇跡と周辺のものに意識を振り向けますと、あたしたちの周辺には神様の奇跡が溢れていることがわかります。

それこそ、重要であり、何事も「当たり前と思わない」ことが肝要だそうです。

当たり前と思わなければ、周りの小さなことにも意識が行き、あたしたちが様々なものに生かされていることも理解できます。

それは神様があたしたちの周りに偏在されることの証左となり、神様に護られているあたしたちに心配なしと心に平安が宿ります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg
posted by miya at 02:52| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年07月07日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉