ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年07月10日

一日5分、恐怖から気をそらす

ある神職の方から教えていただきました。

恐怖は、百害あって一利なしだそうです。

あたしたちは、これまで起こったことから、勝手にそれに悪しき栄養を与えて未来の恐怖を創造します。

しかし、心配事の9割は実現しないとの統計があるぐらいで、未来の心配事はただの取り越し苦労がほとんどだそうです。

取り越し苦労が悪しきことを引き寄せることもあります。

それに加えて、恐怖を取り除こうとしますと、益々恐怖があたしたちを取り囲んでしまいます。

さすれば、毎日、夢中になれること、ゲームでもよろしいですし、大好きなテレビ番組でもよろしいです、或いは神様に一心不乱に喜びの感謝をなさるのでもよいので、そこに意識を集中し、1日5分、恐怖を心から追い出し、気をそらすのが肝要だそうです。

その5分で、免疫力が上がり、心は深呼吸できるそうです。

一日に5分ならなんとなりそうです。

そして、その何とかなる、との思いは自分に自信をつけ、実際、効果があるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏祭り」と「朝顔」7月の書置きの朱印7-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
posted by miya at 07:28| Comment(0) | 神主からの言葉

心を明るくするようにプレッシャーを与えない

多くの宗教で、また、医療調査からも、微笑みを絶やさず、心を明るく保つことが良きことを引き寄せ、免疫力を上げる要諦だと説きます。

しかし、言うは易く行うは難しで、心を明るく保つことはそんなに簡単なことではないことは多くの方が認められるところです。

寧ろいつも気分よく幸せでないと、免疫システムを傷つける、或いは病気を悪化させるのではないかと悩むことの方が益々免疫力を下げるようです。

それでは、自分を責めてしまう悪循環になってしまい、却って免疫システムのためにならなくなります。

そうではなく、前向きな感情を持つことは、運動の一種と捉えるのが肝要だそうです。

毎日少しずつ練習して、成果を上げればよいのだそうです。

その少しの変化が大きな変化に育っていくのだそうです。

無理をせず、執着せず、ゆっくりとできることをすればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg
posted by miya at 07:17| Comment(0) | 神主からの言葉

いつも真剣でなくても

学校でも、また一般的にも、くだらない番組を見ず、ニュース番組や教育番組を見て、新聞を読み、社会のことを学ばなければならないと教えられます。

しかし、存じ上げている霊能者は、それはいつも正しいとは限らないとおっしゃいます。

たしかに、社会の動きをフォローして、何事にも真剣に対応するのは善い事かもしれませんが、あたしたちの健康を考えましたら、それは必ずしも良いことではないそうです。

寧ろばかばかしい番組を見て、大笑いをしている方が、心が明るくなり、気持ちがほぐれ、免疫力が上がるそうです。

遺伝学の泰斗村上和雄先生は、お笑いのプロダクションとコラボをされ、患者さんの一方には面白い番組ばかりを見せられ、もう一方には、真面目な教育番組を見せられたそうです。

その結果、前者は、血糖値が下がり、免疫力が大いに増したそうです。

その一方、後者は血糖値が上がり、明らかに免疫力が落ちた由。

笑いが副作用のない万能の妙薬と分かったそうです。

余命を宣言された患者さんで、面白い番組や映画ばかりをご覧になられ、不治の病を完治なさった例もあるそうです。

楽しいことをして心を楽しくし、笑いを取り入れるほうが良いことも大いにあるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg
posted by miya at 07:09| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年07月09日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉