ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年07月23日

中今の精神と動物

ある神職の方から伺いました。

もともと過去のことはどうすることもできず、未来のことはあたしたちの手の及ばぬことですが、人間は、知恵が付いたために、過去をいろいろと解釈し、未来がどうなるか予想します。

それも良いように考えればよいのですが、えてして、過去を悔やみ未来に恐怖するようです。

しかし、あたしたちは原点に戻ってどうしようもないことに否定的な考えを持たぬのが肝要だそうです。

ところで、人間の子供や動物は、未来のことは考えず、今この瞬間に全力を投入します。

動物など、極端な場合は、自分のしっぽでさえ、自分のものと思わず、追っかけてしまいます。

それほど、今に集中しています。

これこそ神道で申します中今の精神だそうです。

ストレスで押しつぶされそうになったとき、恐怖でどうしようもなくなったときには、買っておられるペットの気持ちになって、嫌なことは神様にお任せし、思いっきり今に集中するのが良いそうです。

動物はあたしたちに良いお手本となってくれているようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
祇園祭の書置きの朱印7-17-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg「夏祭り」と「朝顔」7月の書置きの朱印7-1-R2.jpg祇園祭ミニの書置きの朱印7-17-R2.jpg
posted by miya at 07:16| Comment(0) | 神主からの言葉

ニコニコしながらのご祈念

存じ上げている神職の方から面白い話を伺いました。

この方は、ご神前でご祈念されるとき、顔に微笑みを貯えてなさるそうです。

ある時、それを見つけた方から真剣ではないと苦情が出たそうです。

しかし、この神職の方曰く、「神様を茶化すのはいけないが、神様の前に再び手を合わせることが出来、神様に感謝することが出来るので嬉しさが無意識に顔に出ている」そうで、不真面目になさっているのではない由です。

確かに、あたしたちが再認識すべきことは、ご神前で手を合わせる時、神様から叱られているのでもなければ、こちらがしかめっ面でないと神様が願い事を聞いてくだされないのでもないそうで、寧ろ、ご神前に立てること自体が嬉しい事だそうです。

さすれば、心から喜びますと神様にその喜びが伝わり、喜びの状態とは神様の波長そのものなので、神様との一体感を味わえ、神様から頂く智慧も受けやすくなるので、悪いことなど何もないのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏祭り」と「朝顔」7月の書置きの朱印7-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
posted by miya at 07:11| Comment(0) | 神主からの言葉

神様の力・祈りの力

新型コロナウィルスの感染拡大、第二波など、新型コロナウィルスの問題点ばかりがマスコミによりまして報道されていますが、海外と比較して日本での感染者の少なさ、死者や重篤者の数の圧倒的な少なさから、海外では、「日本の奇跡」と云われ、初期段階に於ける日本のやり方が最も正しかったのではないかと大いに評価されてきております。

これも日本のマスコミではあまり伝えられていませんが、重篤者や死者の数は世界的にも減少傾向にあり、米国では、新型コロナウィルスは変異により「虎」であったものが「山猫」に変わったようだと伝えられているようです。

つまり感染力はあるもののその威力は明らかに弱まっているとの由です。

日本の神社での神職によるご祈念を始め世界中で、新型コロナウィルスの終息が祈られていますが、その効果が顕れてきているようです。

ご存じない方も多いかもしれませんが、これまでにも災害に於きたものの、ギリギリの処で最悪の事態に陥らなかったことは多々あります。

スリーマイルアイランドの原発事故でも担当者は神様の手を感じたと述べておられます。

チェルノブイリでも左様だそうで、その他にもたくさんの例がある由です。

最初から災害や事故が起こらなければ良いのではとも思いますが、今回のコロナウィルスによりまして、社会が大きく変わりつつあり、災害はそういったきっかけになることもあうようです。

神様の力、祈りの力は本当にあるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg
posted by miya at 07:04| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年07月22日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉