ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年08月28日

伊勢の両宮の千木の切り口の形状

今年は、新型コロナウィルスの感染拡大により、伊勢神宮を参拝しようと思っておられたものの、あきらめられた方も多いと伺います。

伊勢神宮の鳥居をくぐり、ご神域に入りますと、その凛とした、雰囲気に圧倒され、感動的であり、ご神前に立ちますと身の引き締まる思いを致しますが、移動による感染の可能性もございますので、その際には京都大神宮の様に、伊勢神宮の遥拝所が日本の各地にございますので、そこを参拝なさるのもよろしゅうございます。

さて、伊勢神宮の千木の切り口の形状に付きまし手、お問い合わせを頂いております。

一説に水平に切ってあるものは女神様、そして、垂直に切ってあるものは男神様とあるため、外宮にお祀りされている豊受大神は男神様ですかとのお問い合わせです。

男神様、女神様、陰と陽など様々な説がありますが、特に理由はありません。

一説には内宮と同じでは恐れ多いとの考えから、外宮では千木の形を変えたの云う説もあるようです。

豊受大神様は、豊受姫の神様と申し上げるように、女神様であります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏」と「葉月 納涼」の書置きの朱印8-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
posted by miya at 07:34| Comment(0) | 神主からの言葉

水は生きていく上で欠かせないものです。

そのため、水の源であります川のそばでは、古来より祭りが行われてきた形跡があります。

伊勢神宮のそばにも、五十鈴川がございます。

この五十鈴川、別名を「御裳濯川(みもすそがわ)」と申しますが、かつて、天照大御神をお祀りする場所を探して各地を巡っておられた倭姫命(やまとひめのみこと)が、この川で着物の裾の汚れを濯いだという伝承によるものだそうです。

それぞれのご自宅にある神棚には、水、荒塩、そして洗米をお供え致しますが、出来ますれば毎日取り換えられるのがよろしゅうございます。

水は、水道水でよろしゅうございますが、汲まれるときに、「天の真名井の清き水を下し給へ」と唱えられるのがよろしゅうございます。

「真名井」とは天にあります井戸のことを意味いたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「盛夏」と「カモメ」のミニの書置きの朱印8-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
posted by miya at 07:30| Comment(0) | 神主からの言葉

むすひ

神道では、「むすひ」を重要視いたします。

古事記によりますと、造化三神と申しまして、高天の原(たかまのはら)に最初に成り出た独り神の三柱は、アメノミナカヌシ(天之御中主)、タカミムスヒ(高御産巣日)、カムムスヒ(神産巣日)と申し上げ、 その後も多くの神様が生まれられ、国生みの神様として知られるイザナキ(伊耶那岐)とイザナミ(伊耶那美)の二柱の神様が最後に登場しますが、タカミムスヒ(高御産巣日)、カムムスヒ(神産巣日)の二柱の神様にも「ムスヒ」という名前が含まれます。

「ムスヒ」は、あらゆるものを生み出す神霊(産霊)意味でありまして、奈良時代には、「ムスヒ」と清音で発音しておりました。

「ムスヒ」は、人と人とを結ぶ縁などを表すだけにとどまらず、色々な働きをイメージさせる言葉です。

様々なものとの良き、「ムスヒ」を意識して日々良き時間を過ごしたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg
posted by miya at 07:27| Comment(0) | 神主からの言葉