ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年08月03日

他人を助けると自分を助けることになる

最近、ペットセラピーがブームです。

動物を大切に撫でてあげると動物が癒されると同時にあたしたち人間も癒されるそうです。

これは人間同士にも言えるそうです。

他人を助けてあげますと、他人の喜びがブーメランのように自分に戻ってきて、自分自身も癒されるのだそうです。

これは同時に神様とあたしたちの関係にも言えるそうです。

神様に感謝し、神様を大切にして人生を歩みますと神様の喜びがブーメランのようにあたしたちに戻ってくるのだそうです。

ご神前は、蓄電池のようだそうです。

ご神前で喜びや感謝の祈念をいたしますと、それは神様のもとで貯蓄され、利子がついてあたしたちが必要な時に引き出すことができるのだそうです。

毎日神様に手を合わせますことは、幸せの第一歩だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏」と「葉月 納涼」の書置きの朱印8-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg「盛夏」と「カモメ」のミニの書置きの朱印8-1-R2.jpg
posted by miya at 05:47| Comment(0) | 神主からの言葉

手の親指と小指

ある神職の方から教えていただきました。

以前は三世帯住宅が多く、人生の知恵を祖父母から、子供に、あるいは、孫に伝えたもので、それは大切な事の伝承に寄与しました。

しかしながら、核家族が当然の現在にありましては、そのような善き伝達システムもなくなってしまいました。

例えば、昔は、霊柩車を見れば親指を握りしめたものでした。同時に、仁王像などには小指に力が入っているものが多くあります。

それは、悪しきことは親指から入って小指から出るという伝承からのようであります。

迷信といわれればそれまでですが、あえて避けなくても良いと思われます。

昔からの生きる知恵をもう一度認識したいものです。

そこには人生の問題を解決する金の鍵があると思われます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「盛夏」と「カモメ」のミニの書置きの朱印8-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
posted by miya at 05:37| Comment(0) | 神主からの言葉

本日の社務所受付時間

昨日は、祭事の準備のため、社務所の受付時間を午後1時から、午後4時までとさせていただきましたが、本日は、通常通り、午前9時から午後4時迄、受付を致します。

京都は、ようやく梅雨も明け、夏らしい気候となりましたが、新型コロナウィルスの感染防止のためにマスクをされている方が多く、そこに急激に気温が上がりましたので、熱中症になられる方も多いようです。

外出の際には、体調管理にもご留意下さい。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg
posted by miya at 05:28| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年08月02日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉