ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年08月27日

わが身を守る

わが身を守ることは重要です。

この物質の世界で生きて経験するためには身体が必要です。

そのために神様は、神様が御創りになられた奇跡の塊の身体をあたしたちに貸し与えて下さっています。

その身体を邪険に扱ってはならぬそうです。

努力は必要であり、なまけず、自分が勝手に決めた許容範囲を超えて新たな地平線を見ることは自分の器を大きくするためにも重要です。

しかしそれによりまして身体を壊しては何にもなりません。

あたしたちはこの世を生き抜くためにわが身を守る必要があります。

それは甘やかすという意味ではありません。

感情を除いて、自分自身を、そして自分を取り巻く環境を分析し、改善するように行動するのが肝要であり、そこから自分の心身に被害を受けていると感じれば、敵前逃亡するのが良いそうです。

あたしたちの御霊磨きの良い処は、この世で、そしてこの世で終えなくても来世でも、何度でもチャレンジできることだそうです。

努力して、しかし無理をしすぎず、神様から貸し与えて頂いている自分の身体を大切にしながら御霊磨きをすることが神様への感謝に繋がるのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏」と「葉月 納涼」の書置きの朱印8-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
posted by miya at 07:32| Comment(0) | 神主からの言葉

貯め込まない

ある霊能者の方から教えて頂きました。

あたしたちは気付いていないだけで、あたしたちそれぞれがこの世でそれぞれに課せられた御霊磨きをするために必要なものはすべて神様から与えられているのだそうです。

これをしっかり理解し、認識すれば、身に余るものをため込む必要が無くなります。

この世での苦悩の原因は、「貯め込むこと」から起こっています。

お金をため込む、人からの尊敬をため込む、助けをため込む、権威をため込む等々。

貯め込んでいても使えなければそれは持っていないことと一緒です。

その一方、ため込んでいなくても必要な時に必要なものを使えるのが本当のお金持ちであります。

それに加えまして、あたしたちはこの次の瞬間も生きていると無意識に考えていますが、何時この世を卒業して、生まれ変わらねばならぬかもしれません。

さすれば、次の瞬間に使うのではなく、今何どう使うかが肝要です。

そして、今・ここではともかく必要なものは持っていることに思い当たります。

それは神様への新たな感謝に繋がります。

神様に護られていることに改めて気づき、毎日神様に手を合わせる嬉しさが確認できます。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「盛夏」と「カモメ」のミニの書置きの朱印8-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
posted by miya at 07:20| Comment(0) | 神主からの言葉

人間は分かり合えない

この世での最も多い困難の一つは人間関係に起因するものといえます。

その原因は、人間同士は分かり合えるという幻想から来ているようです。

この世で人間同士が分かり合えるのには限界があり、分かり合えるのは自分自身、そしてあたしたちの心の中におられる神様とだけと考えれば、多くの問題は解決するようです。

人間は分かり合えないと考えますれば、不必要な気遣いもしなくても良いですので、かなり楽になります。

ストレスも生まれません。

相手に嫌なことを言われ、不愉快なことをされたら、直ちに縁を切れます。

寧ろあたしたちが大切にしなくてはならないのは、神様との関係だそうです。

あたしたちのことをいつも親の目線で見て下さり、必ず味方になって下さる神様を大切にすることが肝要です。

毎日神様に手を合わせて感謝の念を伝えると神様も喜ばれるようです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg
posted by miya at 07:16| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年08月26日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉