ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月12日

数を数える

あたしたちが何も不思議に思わず使っております「数」ですが、実は、とても不思議なものです。

古来、ゲマトリアを始め、数について様々な研究がなされ、我が国でも、例えば、「四」は「死」を意味するために避ける、或いは「十」の神秘から、『十言神咒』とも「十言の神呪」(とごとのかじり)など数に対してのこだわりを見せてきました。

また、石上神宮では、「一二三四五六七八九十、布留部 由良由良止 布留部(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ)」と唱える「ひふみの祓詞」や十種神宝の名前を唱えながらこれらの品々を振り動かせば、死人さえ生き返るほどの呪力を発揮するといると説かれてまいりました。

祝詞の中に、「一二三四五六七八九十」を入れられる神職の方もございます。

心が落ち着かない時には、深呼吸をしながら数を数えられるのもよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
令和二年 1月〜8月までの限定朱印、季節限定朱印 ミニ判9-5-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgミニの朱印帳9-5-R2.jpg
posted by miya at 07:49| Comment(0) | 神主からの言葉

無意識に過ごす時間を避ける

年齢が上がると共に時間の経過が早く感じられませんか。

その理由は、色々とあるのでしょうが、その大きな一つは無意識の時間が増えることにあるようです。

若い時には、ほとんどのことが未経験であり、当然ながら、起こることに緊張し、意識を集中致します。

ところが、歳を重ねるごとに、起こることに慣れ、それへの対応処置もルーティンワークとして行います。

そのため、そのルーティンワークをしております時には、脳は働いておらず、無意識のうちに事が終わります。

あたしたちが時の流れを感じるのは、当然ながら意識的に動いております時ですから、この無意識の時間が長くなるにしたがって、意識しながらの時間の経過が少なくなり、結果として時の流れが短く感じられます。

さすれば、もう一度若い頃の動きかたに戻って、出来る限り意識しながら過ごしますれば、時間を有意義に使うことが出来、新たな発見も出来るようになるようです。

実際あたしたちの周りには、無常という言葉が表します通り、刻一刻と神様の奇跡が現れ続けているそうです。

それを発見し、楽しまなければ損だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの朱印帳9-5-R2.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg
posted by miya at 07:46| Comment(0) | 神主からの言葉

自分の姿を鏡に映してみる

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちは、考えることによりまして文明を進歩させて参りました。

考えることの究極の目的は、未来予想といえるかもしれません。

それは多くの恩恵をあたしたちにもたらしましたが、その一方、その悪しき面は未来に不安を感じることの様です。

悪い予想の9割は実現できないとの考察があるにもかかわらず、また、未来は、現在のあたしたちにはどうしようもないのにもかかわらず、あたしたちは未来の不安におののき、動きが取れなくなってしまいます。

そのような時には、自分の姿を鏡に映してみるのが良いそうです。

あたしたちが悪しき想いに捉われています時、心の中もその周辺もその悪しき想いで覆われます。

その悪しき想いだけが満ち溢れ居直ることに気付きます。

しかし、自分を鏡に映して客観的に眺めますと、この世の中で、自分がどれだけ小さい存在か、自分の悩み如何に関わらず、世界は何事もなかった如く動いているか、その悩みがあってもなくても世界は変わらないのがわかります。

あたしたちの悩みはあたしたちの想い如何で如何様にも変えられますが、神様が至る所に偏在なさっていることは変わりません。

悪しき想いを心から取り除き、偏在する神様に任せきれば、良いのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg
110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 07:40| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年09月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉