ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月14日

あたしたちの望みは叶っている

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちがご神前で、祈念をしてもなかなか叶えてもらえないと考えている方も多いようです。

しかし、数年前までにさかのぼり、どのような事をお願いして、それを叶えて頂いたかどうかを冷静に考えますと、多くは実現しているというのが真実のようです。

ただ、あたしたちの望んだ時期、或いは望んだとおりの形で叶っているかどうかとなりますと、そうでないともいえます。

何故かと申しますと、あたしたちの浅知恵ではなく、神様は、あたしたちのためを常に想って下さり、あたしたちのお願いをあたしたちのために最も良い時期に、最も良い形で叶えて下さるからだそうです。

逆に申しますと、あたしたちが真摯にお願いしたことは、必ず叶えて頂けるので、本当に祈念の内容を望んでいるのか、祈念の内容を吟味するべきだそうです。

お願いしたことは必ず叶うのですから。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
posted by miya at 02:09| Comment(0) | 神主からの言葉

七色鱗型のお守り袋

京都大神宮のお守りに付きましてお問い合わせを頂きます。

時々、おじい様やおばあ様から、お若い時にお受けなさったお守りを依頼されて、お守りをお受けに来られる方がおられます。

現在京都大神宮では、様々なお守りを授与しておりますが、元々は、七色鱗型のお守り一種のみ授与しておりました。

従いまして、おじい様、おばあ様からのご依頼でありましたらこのお守りになります。

現在は、ご希望を多く頂きましたので、同じ七色鱗型のお守りに巫女の柄を入れたものも授与しております。

七色鱗型は、身に着けますと、厄除になるようで、従来着物の裏地などに用いたことも多かったようです。

京都大神宮では特別にお守り袋にこの七色鱗型をあしらい、天照大御神と豊受大神の二柱の神様の中符を入れて授与しております。

とてもご利益のあるお守りで、遠方からわざわざお受けに来られる方も多くいらっしゃいます。

ご希望の方は社務所でご覧ください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
七色鱗型お守り6-1-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg
posted by miya at 02:04| Comment(0) | 神主からの言葉

神札のお祀りの仕方

神札のお祀りの仕方についてお問い合わせを頂きます。

複数の神札を一緒にお祀りして良いかとの由です。

複数の神札を一緒にお祀りすると神様同士が喧嘩なさるのではと心配なさる方もおられます。

しかしながら、神様はその様に了見の狭い方ではありませんので、一緒にお祀りなさってもご心配には及びません。

ただ、八百万の神々を束ねておられるのが天照大御神様ですので、重ねてお祭りなさる時には、一番手前に天照大御神様の神札、その後ろに産土の神様のご神札や、崇敬なさっている神様や神社のご神札を、また横に並べられる場合は、真中に天照大御神様、向かって右側に産土の神様、そして向かって左に崇敬なさる神様や神社の神札をお祀りなさるのがよろしゅうございます。

より詳しいことをお知りになりたい方は、社務所でお尋ねください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 02:00| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年09月13日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉