ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月16日

健康情報も良し悪し

ある霊能者の方から伺いました。

昨今は、情報が錯綜しており、ネットでも様々な情報に簡単にアクセスすることが出来ます。

しかしそれもよしわるしだそうです。

健康情報をネットなどで調べる方がおられますが、知れば知るほど、その手の情報に関心を寄せ、探せば探すほど、かえって病気を引き寄せることもあるようです。

何故かと申しますと、今の自分を否定するかだそうです。

今に感謝せず、今を否定し、別の自分に執着することで、ネガティブな想い、澱んだ気分、不安や心配といった否定的な感情ばかり引き寄せるからだそうです。

ある存じ上げている医師に伺いますと、ネットに出ているものは、極論的なものが多いので、普通はそこまで酷いことにはなっていないのだそうです。

その根底にあるのは不安です。

しかし、不安の9割は実現しないとされています。

ある方は、全く健康だったのに健康情報を調べすぎて不安に陥り、体調を害されたそうです。

さすれば、健康情報を必死に探る時間があるのであれば、神様に手を合わせ、神様の子供のあたしたちに病気なしと、確信し、心を明るくする方が本当の健康を手に入れられるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「お月見」「十五夜」のミニの書置きの朱印9-15-R2.jpg
posted by miya at 06:53| Comment(0) | 神主からの言葉

自分の身体に聞く

あたしたちがすべきことは、自分の身体の声に耳を傾けることだそうです。

おかしいと異変に気付く感性を持ち、普段から自分の身体に、「ありがとう」と感謝することが肝要だそうです。

この世は物質の世界であり、そのためには様々な活動をするためには神様から貸して頂いた身体が必要です。

これまで、何が身体に良いとか、どのように眠るのが良いとかなど、様々なことが云われていきました。

しかし、最近の研究では、これまで言われてきた「ねばならぬ」事はほとんど間違っていたことが判明しています。

あたしたちがすべきことは、世に流布される情報によりかかることなく、自分の身体と相談することだそうです。

あたしたちは神様の子供であるので心配なしと確信し、自分の身体に興味と感謝の心を持ち、他人ではなく自分を信じることが肝要だそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 06:48| Comment(0) | 神主からの言葉

自助

新総裁になられた菅さんが「自助」という言葉を引き合いに出され、今注目されていますが、その意味は、「自分で自分の身を助けること。他人の力を借りることなく、自分の力で切り抜けること。」であります。

この言葉に付きまして、様々な意見が出ているようですが、存じ上げている霊能者の方に伺うと、これは霊的にはとても重要な概念で、人の生き方として軽視できないものだそうです。

あたしたちは、この世に生まれ出る前に神様と相談しながら自分でこの世での課題を決めて生まれてきており、この世では自分の霊性を上げるために、御霊磨きをするのがあたしたちのお役目だそうです。その観点から見ますと、あたしたちに、わき役を演じている人だれもいなく、全ての人が主人公であり、さすれば、わき役に己が御霊磨きを求めることはできず、自分で課した御霊磨きを自助でやるしかないのだそうです。

そして、実は、あたしたちはその事を楽しんでいるのだそうです。

苦しんでやるのではなく、自分自身で楽しんでやればよいのだそうです。

自助をなさる方に神様は惜しみないお力添えをしてくださるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 06:44| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年09月15日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉