ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月22日

必然か偶然か

物事が起こった時、それを必然と考えるか偶然と考えるかによりまして、その出来事の解釈が大きく異なるようです。

多くの宗教では、すべての出来事の背後には大きなご神慮があり、或いは、あたしたちが生まれる前に御霊磨きのために仕組んだものもあり、すべからく必然と考えます。

そこにはあたしたちの理解を超えたご神慮に対しての慎み深さがあります。

すべてが必然と考えますと、良い意味でのあきらめがあり、受け入れることが出来ます。

とりわけ悪しきことへの対峙の仕方では、この受け入れるということが肝要だそうです。

悪しきことから逃げてもどうしようもありません。

寧ろ、悪しきことにも良きことへの種子が仕込まれていると理解し、積極的に受け入れ、出来る限りをなすとともに神様に助けて頂くことを祈念して、神様と二人三脚で乗り越えていくのが重要だそうです。

すべてのことは必然であり、必然のことには必ず必然の解決方法があるのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 01:52| Comment(0) | 神主からの言葉

書置きの限定の朱印他のお問い合わせ

京都は、ここ数日、暑さも和らぎ、とても良い気候になってまいりました。

この四連休、京都は、新型コロナウィルスの感染拡大前の様に、多くの観光客の方で賑わっているようです。

京都大神宮にも、昨日もたくさんの方にご参拝頂き、有難うございました。

書置きの限定の朱印に付きまして、沢山のお問い合わせを頂いております。

9月の書置きの限定の朱印は、「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」の2種類ですが、現在も授与しております。また、「お月見」と「十五夜」の書置きの限定の朱印も授与中ですので、ご希望の方は社務所でお申し付けください。

なお、本日は、秋季祖霊祭を斎行しますので、いつもにもまして、沢山の参拝の方がお越しになると存じます。列を作られる際には、マスクをご着用下さり、ソーシャルディスタンスにご留意下さい。

本日も、通常通り、午前9時から午後4時迄社務所の受付を致します。

京都大神宮へのアクセスに付きましてもお問い合わせを頂きます。市営地下鉄の四条駅、阪急の京都河原町、そして、市営バス他の四条河原町が最寄りの駅ですが、各駅から歩いてお越しになれます。

デパートの藤井大丸を目指して頂き、藤井大丸に面しております寺町通を南に進んで頂きますと、80mほどで京都大神宮に到着いたします。

なお、当宮の境内は狭いですし、寺町通は常に車が渋滞しております。自動車でのご参拝はご遠慮いただき、公共交通機関をご利用ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifmiko.jpgsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg「お月見」「十五夜」のミニの書置きの朱印9-15-R2.jpg
posted by miya at 01:47| Comment(0) | 神主からの言葉

秋季祖霊祭と墓参

本日は、秋分の日です。

京都大神宮では、秋季祖霊祭を午後2時より斎行いたします。

お墓参りをなさる方も多いと存じますが、その一方、昨今のコロナウイルスの感染拡大のため、墓参の叶わない方も多いと伺います。

その様な方は、是非お住いからお墓のある方を向かれて遥拝なさるのがよろしゅうございます。

春秋の彼岸、お盆、そして、年末にお墓参りなさるのは、ご先祖様を思い出す良い機会でもあります。

ご先祖様は思い出してあげることをことのほか喜ばれるそうです。

お墓参りをされる、あるいは遥拝なさってご先祖様を思い出し、感謝をお伝えするのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 01:33| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年09月21日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉