ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月26日

悪しきことが起こった時には

ある神職の方から教えていただきました。

善きことが起こりました時には、あたしたちは嬉しく、進むべき道が正しかったと確信できます。

問題は悪しきことが起こった時だそうです。

悪しきことが起こった時でも、神様を感じて、神様の視点に立った行動であれば、その悪しきことも良かったと心から想うことが良いそうです。

それは表面的には悪しきことであっても、そこには、結果的に大輪の花を咲かせる種子が仕組まれているのだそうです。

決して心配せず、否、これは、とても素晴らしい種子をもらったに相違ないので、ここにどんな素晴らしいことが隠れているのか一つ探してみようと前向きにとらえるのが良いそうです。

常に神様に近づくものは栄えるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「お月見」「十五夜」のミニの書置きの朱印9-15-R2.jpg
posted by miya at 01:16| Comment(0) | 神主からの言葉

神様への道は必ず正しい

あたしたちは、常に判断を迫られますが、その判断のどれが正しいのか、正しくないのかに悩まされます。

表面的に正しいことが本当に正しいとは限りません。

さすれば、あたしたちがすべきことは、神様の視点に立って、判断をするということだそうです。

すべては相対的ですが、神様は絶対であります。

神様への道は必ず正しいのだそうです。

困ったこと、判断せねばならぬことなどが起こりました時には、神様に手を合わせ、神様ならどのように判断なさるかと考えながら判断されるのが最も正しいようです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg
posted by miya at 01:13| Comment(0) | 神主からの言葉

ご加護されていない人はいない

同じようにご神前で真摯にご祈念されても、一方の方は望みを叶えて頂けるのに対して、もう一方の方は、ご祈念を聞いて頂けないと訴えられることがあります。

しかし、あたしたちはすべて神様の子供であり、善の塊である神様はあたしたちを分け隔てはされません。

さすればどうして、ご祈念を叶えてさる方とそうでない方がおられるかと申しますと、それにはいくつもの理由があるそうです。

その一つは、ご祈念を叶えて下さる時期が違うのだそうです。

なぜならご神慮であたしたちにとって最良の時に叶えて下さるのだそうです。

その次には、ご祈念の叶え方が異なることがあるのだそうです。

神様は最終的にあたしたちにとって最も良い方向に導いてくださるのだそうです。

もう一つは、神様はご祈念を実現するための智慧を授けて下さっても、あたしたちがそれを受け取る準備が出来ていなければ受け取ることが出来ないのだそうです。

その他にも様々な理由があるようですが、あたしたちがすべきことは、神様に寸分の疑いも持たず、神様を信じ切って、安心して、中今の精神で、今すべきことを熱心にするということだそうです。

さすれば、あたしたちの望みは必ず叶うのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 01:09| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年09月25日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉