ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月27日

欠点を正すより長所を伸ばす

先般ご参拝をなさっていた年配の女性から面白い話を伺いました。

この方曰く、どうして今は人の非難をする方が多いのでしょうかとの由でした。

新聞を読んでも、テレビを見ても非難の披露ばかりで、甚だ疲れるとの由でした。

この方がおっしゃるには、人の非難をするより、人の良い処を認めて、協力する方が世の中が明るくなるのではとのことでした。

この考え方はまさに、神様への道に繋がります。

善の塊の神様は人を非難することとは無縁であります。

神様は求められると善き智慧を授けて下さり、それはまさに、この参拝の方がおっしゃった良き処に協力するとの考え方に近いものです。

神様のなさりようを真似ることは、神様への道を歩くことであり、あたしたちがすべき行いだそうです。

そしてそのような行動には神様の御加護を頂くことが出来るのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「どんぐり」.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
posted by miya at 02:21| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年10月26日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年10月26日

平田篤胤と生まれ変わり

神道では、この世を如何に意義深く生きるかに重点を置きます。

しかし、国学の四大人の一人、平田篤胤翁は霊界に関して深い関心を示し、霊界研究の業績をたくさん残しておられます。

生まれ変わりや臨死体験などは、海外で盛んに研究され、それが日本に入ってきたと思われがちですが、日本でも研究されてきました。

その中でも生まれ変わりの物語として有名な、「勝五郎再生記聞」というものがあります。

八歳の勝五郎という生まれ変わりの出来事を残した著作物です。

なんとそれは真実かどうかが幕府によって調べられ、勝五郎の前世の記憶は事実であるとお墨付きがあたえられました。

この著書は、仁孝天皇陛下や光格上皇にも献上され、小泉八雲も取り上げ、海外に紹介されました。

平田篤胤翁により、日本でも生まれ変わりが研究され、魂の永遠性を信じる方に勇気と力が与えられたようです。

そして、実際あたしたちの本体である魂は決して死なず、生まれ変わりを通して、御霊磨きをしているのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 02:15| Comment(0) | 神主からの言葉