ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月06日

全てが正しくすべてが最高

存じ上げている神職の方から面白い話を伺いました。

この方が存じ上げておられる方に全く境遇の違うお二人の女性がおられるそうです。

お一人は、小さい時に両親に死に別れ、施設に預けられ、しっかりした教育も受けられず、中学を卒業とともに働きだされ、中年になってようやく小さな食堂を営むことが出来なさったものの一日中仕事漬けで、旅行も出来ず、食べるためだけのために働いておられるような方だそうです。

もう一人は、恵まれた家庭に生まれられ、小学校時代にすでに海外旅行をなされ、立派な教育を受けられ、立派な学校を卒業され、立派な会社に就職され、就職後も海外旅行や立派なレストランでの食事を頻繁に楽しまれる方だそうです。

一般的に申せば後者の方が成功者といえるのかと思いますが、この神職の方曰く、お二人ともすべてが正しく、成功者との由です。

前者の方は、苦労なさったために小さなことにも喜びを見出すことが出来るようになられ、人相がすこぶる良く、そのために人気者で、困った時には、助けて下さる方が増えてきたそうです。

後者の方は、人が羨む経験をなさったものの、益々刺激を求められるようになられ、何事にもなかなか満足できなくなられたそうです。

このお二人が次の世にどのような人生を歩まれるかわかりませんが、すべては、大きな流れの中の一シーンでありますので、あたしたちがすべきことはどのような人生でありましても、楽しむことだそうです。

すべてが正しくすべてが最高と楽しんだ時に、善き御霊磨きが出来、それこそ最高の人生なのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg「お月見」「十五夜」のミニの書置きの朱印9-15-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 06:29| Comment(0) | 神主からの言葉

お守りとご神札

お守りとご神札に付きまして、お問い合わせを頂いております。

お守りとご神札は、よく似ているようで、異なっております。

ご神札は、お住いの中で、出来る限り静謐を保てる部屋の目上の位置にお祀りなさり、毎日手を合わされるのが肝要です。

その一方、お守りは出来るだけ身につけられるのが肝要です。

時々、多くの神社のお守りを集められて家の中にひとまとめにして置いておられる方を拝見します。

たくさんのお守りを集められるのも、沢山の神様の良き気を集められるので悪いことではありませんが、沢山のお守りを持たれるとご利益が増えるというものではありません。

崇敬なさっている神様や神社、或いは、お住いの近くの神社に祀られている神様が産土の神様ですから、その神社や神様のお守りを身につけられたらよろしゅうございます。

一方、ご神札は、お祀りなさって、出来れば、水、荒塩、そしてお洗米をお供えされるのがよろしゅうございます。

また、初物などのもらい物もまずは神棚に供えられてから召し上がると神様とともに食することになり、とてもよろしゅうございます。

そして、常に神様を意識されて過ごされるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「どんぐり」.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg「お月見」「十五夜」のミニの書置きの朱印9-15-R2.jpg
posted by miya at 06:22| Comment(0) | 神主からの言葉

やるべきことをやったら後は神様の範疇

毎日、多くの方が神様の前で手を合わせて様々なご祈念をなさいます。

神様にどのような考えをお持ちの方でも、自分の手の及ばぬことにつきましては神様に助けをお願いするのは人間の情です。

しかし、その際には、心から、真摯に、ぶれずに、そして、結果を確証して祈ることが肝要だそうです。

その一方、あたしたちも努力をする必要があります。

あたしたちが出来ることとは、今・ここで出来ることを精一杯こなすことだそうです。

仕事でも勉強でも、目の前にやるべきこととして現れたことが、あたしたちがなすべきことだそうです。

そして、やるべきことをやった以上は、あたしたちの手の及ぶ範囲を超えて神様の範疇であるため、神様に任せきればよいのだそうです。

それ以上の心配は何にもなりません。

やり切った以上は、必ず神様が善き結果をもたらしてくださると信じ切り、ストレスをためずに、求めるべきことを待つだけだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
posted by miya at 06:19| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年10月05日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉