ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月16日

運気を上げる方法

ある神職の方から教えていただきました。

心の持ちよう、心での想いが重要と夙に言われますが、心を常に善き状態に保つことがなかなか難しいのも事実です。

あたしたちは、何気のない言葉やちょっとした変化によりましても、凹んでしまいます。

そのような時に、運気を上げる方法は、運を動かせばよいのだそうです。

まさに字の通り、運を動かす、つまり「運動」すればよいのだそうです。

その中でも手っ取り早い運動は、歩くことだそうです。

歩くことは禅にもつながります。

慌ただしい日々から逃れ、いつも気にも留めない道端の花々や、せせらぎにも意識を向け、ただ無心に歩くのが良いそうです。

神道では魂振りと申しまして、魂を揺り動かすことによりまして、魂の力を盛り上げる方法があります。

運動はこれに繋がる最も簡単な方法といえます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
御殿幕横位置photo.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 03:18| Comment(0) | 神主からの言葉

「いただきます」は魔法の言葉

ある神職の方から教えていただきました。

最近は、「いただきます」と云って食事を始められない方もおられるようです。

しかし、この「頂きます」は魔法の言葉、最良の栄養だそうです。

医師に伺いましても、食事が摂れていれば、バランスが多少おかしくても、サプリメントなどを摂る必要はないと伺います。

実際、一昔前ではアメリカで各種のサプリメントや総合ビタミン剤を摂ることの重要性が叫ばれていましたが、最近ではすっかり下火になってしまいました。

それよりもどのような食材でも最高の栄養素とする方法は、この食材は自分にとって最高の栄養となると心から理解・信じて食事をすることだそうです。

そのためには、先ず、食事の前に「いただきます」といって、食材を作って下さった方々、そして神様に心から感謝し、最高の栄養を頂く喜びを心から感じて食事をすることだそうです。

その様にしますと、神様が喜ばれ、作った人々が癒され、そして食材は最高の栄養素となるように感応し、自分自身の身体もそのように素晴らしいものを最高に生かそうと思うのだそうです。

「いただきます」は魔法の言葉だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif御殿幕横位置photo.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg
posted by miya at 03:12| Comment(0) | 神主からの言葉

心が強ければ

ある霊能者の方から伺いました。

人の想いには力がありまして、その意味では、死霊よりも生霊の方が怖いそうです。

同様のことは最近では、ネットの炎上などにもみることが出来ます。

ネットの書き込みによりまして、心身症になられている方も多いと伺います。

しかしながら、書かれても、云われても、平気な方もおられます。

理由は様々でしょうが、大きな要因の一つは受け取り手がどう感じるかだそうです。

最近は、褒められて成長する人が多いようですが、以前は叱られて成長する人もたくさんおられました。

言葉は力を秘めております。

悪しき言葉にも、善き言葉と同様のエネルギーがあるようです。

さすれば、どのようなエネルギーが来ようとも、先ずはそのエネルギーを心で受けとらなければ何も起こらないのだそうです。

次には、善きエネルギーは当然ながら、悪しきエネルギーをも同様にただエネルギーとして受ければよいのだそうです。

寧ろそのエネルギーを自分を向上させるバネとして使えばよいのだそうです。

心が折れる時には、エネルギーが自分を攻めると思った瞬間から起こるそうです。

さすれば、心を明るく、強くするように努力することが何より肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御殿幕横位置photo.jpg
110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg参集殿幕photo.jpg
posted by miya at 03:05| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年10月15日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉