ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月17日

10月17日、社務所受付時間変更のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、有難うございました。

本日、10月17日は、京都大神宮の例大祭の日です。

つきましては、祭典の準備と、祭典斎行のため、本日の社務所の受付時間は、午後3時から午後4時迄に変更させて頂きますので、社務所に御用の方はご注意下さい。

なお、例大祭は、新型コロナウィルスの感染防止と神社庁からの要請もあり、今年は、神職と関係者のみで執り行わせて頂きます。

お参りの方は、申し訳ありませんが、社殿の外からお願い致します。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御殿幕横位置photo.jpg
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 04:10| Comment(0) | 神主からの言葉

加算方式で

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちは、神様の子供ですから、本来、あたしたちは生まれながらにして完璧であります。

しかし、あたしたちはこの世で御霊磨きをするために生まれてきたため、神様と相談して自分自身で、完璧を外し、人生のあちらこちらに課題を埋め込んできました。

それが顕現してきますと、体調を壊したり、けがをしたり、或いは困難に遭遇致します。

あたしたちは本来完璧であることを無意識層に記憶しているため、どうしてと悩んでしまいます。

この世では、減点式ではなく加算方式で考えるべきだそうです。

右手に怪我をしましたら、その怪我を悩む前に左手に怪我を負わなかったことを感謝すべきだそうです。

胃が重くなりましたら、腸は健康と感謝すべきだそうです。

減点式だと完璧でないことを悩みますが、加算方式でしたら、奇跡の累積を感じることが出来ます。

また、加算方式は、楽観主義につながり、心を楽観的な想いで満たしますと、益々善きことが引き寄せられてくるそうです。

何事も良きことに注目することが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif御殿幕横位置photo.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg
posted by miya at 04:03| Comment(0) | 神主からの言葉

多くの宗教で心の重要性が説かれます。

心の持ちようは、あたしたちが理解する以上に、重要のようです。

例えば、医師から、重篤な病気に罹患したと告げられたとします。

告げられる前後では、身体の状況は全く一緒です。

しかるに、悪しき情報を告げられた途端に、動悸が激しくなり、息苦しく、頭や体が重く感じられます。

しかしその次の瞬間に、その診断は間違っていたと告げられた途端に、今度は、気持ちは楽になり、身体も頭も軽く感じられ、動悸は止まり幸せを感じます。

しかし、これらの診断の前後、身体自体に変化は全くありません。

つまり、心での想いがあたしたちをどのようにも変えることが出来るということであります。

同時に、あたしたちの心には神様がおられ、神様に繋がる処でもあります。

さすればあたしたちは、神様の力をお借りしながら、心を常に明るくし、嫌な想いを心から駆逐することが肝要です。

その一つの方法として、毎日、ご神前で、大祓詞や祓詞を唱えて、心を清める方法があります。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「どんぐり」.jpg
御殿幕横位置photo.jpg110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
posted by miya at 03:59| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年10月16日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉