ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月22日

一霊四魂

「一霊四魂」(いちれいしこん)という言葉はご存知ですか。

神道でのあたしたちの魂についての考え方ですが、我が国の国学の四大人の一人であります、平田篤胤の弟子にあたる本田親徳(ほんだちかあつ)が説いておられる処によりますと、一人の人間には、神様と直結しました直霊(なおひ)と申します神様と直結しました一つの「霊」に四つの「魂」が宿り存在するそうです。

四つの魂とは、「荒魂」(あらみたま)、「幸魂」(さちみたま)、「奇魂」(くしみたま)、そして、「和魂」(にぎみたま)であります。

「荒魂」(あらみたま)には「勇」、「幸魂」(さちみたま)には「愛」、「奇魂」(くしみたま)には「智」、そして、「和魂」(にぎみたま)には「親」の働きがあると説いておられます。

そして、直霊(なおひ)が四魂をコントロールするお役目があるとしています。

この直霊(なおひ)は、あたしたちの本体である、神様の魂のかけらともいえます。

このように意識しながら、四つの魂を活かしきって人生を送るのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 07:19| Comment(0) | 神主からの言葉

大和心

大和心(やまとごころ)という言葉をご存知でしょうか。

日本人らしい、自然ですなおな心といった意味ですが、それは、すべての命に感謝して、いつくしむ心ということが出来ます。

京都大神宮は、京都市の中心部にございますので、多くの参拝者の方から、賑やかな都会にあってホッとする空間が広がっていると伺います。

神道では、人間や動物のみならず、すべてのものに神様が宿ると考えます。

神様は命といい替えることもできます。

さすれば、植物や動物のみならず、すべてのものに命があるわけです。

しかしながら、日々忙しさに追われていますとその様な事は忘れがちです。

京都大神宮やほかの神社にお参りの際には、その忙しさを少し忘れられて、元気に育っている木々などの命を実感され、境内に溢れる神様の良き気をお受けください。

その時、あたしたちは、神様、そして多くの命によって生かされているということが実感できるようです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg
posted by miya at 07:11| Comment(0) | 神主からの言葉

カレル博士

各宗教では、祈りの重要性とその効果に付きまして説きます。

しかし、宗教家が熱心に説きましても、科学的でないとおっしゃる方もおられます。

しかしながら、まさにその科学者が祈りの効用を説いておられます。

ノーベル生理学医学賞を受賞なさったアレクシス・カレル博士は、「祈り」に付きまして、次のように語っておられます。

「祈りは、人間が生み出しえる、最も強力なエネルギーです。それは地球の引力と同じ、現実的な力です。医師として、あたしは多数の人々があらゆる他の治療で失敗した後に、祈りという厳粛な努力によって、疾病や憂鬱から救われた例を目にしてきました。」、と。

あたしたちがご神前で、真摯に祈る大切さを改めて理解し、日々神様に手を合わせて善き祈念をしたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「どんぐり」.jpg
110531_163358.jpg楠.JPG巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 06:57| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年10月21日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉