ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月03日

歩き禅

一日20分以上歩くだけで多くのメリットがあるそうです。

20分以上の運動で、幸福ホルモンと呼ばれるエンドルフィンや内因性カンナビナイドが分泌され、高揚感が増すそうです。

筋肉を用いますと、代謝副産物である乳酸が作られます。

乳酸と申しますと悪者扱いされることが多いのですが、この乳酸が脳にたどり着いて不安を緩和する分子として機能するそうです。

千日回峰をなさった阿舎利さんにお会いした時、まだ東京におられた頃、毎日吉祥寺から後楽園近くまで歩かれたとおっしゃっていました。

千日回峰をなさった時に、その経験があったので苦ではなかったのと、実は毎日歩いていたことで精神的に落ち着けたのだということが分かったと語られたのが印象的でした。

神様にお願いごとをしました後、歩きながら街中に目をやりますと、神様からの智慧を発見することも多いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 03:21| Comment(0) | 神主からの言葉

今こそ運動を

あるお医者様から伺いました。

新型コロナウィルス禍により、自粛が過ぎるためか運動不足から体調を壊しておられる方が多いそうです。

このような時、三密を避け、人を避けて早朝や夕刻に散歩をされるのが良いそうです。

身体を動かしますと、何万年も前から人類が生き残るために役立ってきた様々な本能を活用することが出来るそうです。

散歩をされるときには、いつもは気にしない周囲に目をやってご覧になられるのが良いそうです。

道端に静かに咲いている小花や雑草の数々、いつもは気にならない周辺の様々な音、その様なものを意識することにより、あたしたちの周りには生命が溢れていることがわかるそうです。

生命の命は、神様のわけ御霊そのものです。

あたしたちの周辺に神様が偏在されるのを意識して歩かれるのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
posted by miya at 02:53| Comment(0) | 神主からの言葉

あたしたちの身体はあたしたちを愛している

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちの身体は、この物質の世を生き抜くために神様からお借りしたものです。

身体は完全無欠の神様がお創りになられたもの。

本来完璧であり、同時にあたしたちのことを神様同様に愛してくれている存在です。

ところが、あたしたちは知らず知らず、何か身体に不調がありますと、身体を恨みがちです。

このような想いが益々悪しき状態を引き寄せてしまうのだそうです。

あたしたちが生まれてからこの世を卒業するまで、常にあたしたちに付き添い、あたしたちの無体な要求にも付き合ってくれる自分自身の身体にもっと感謝し、いたわるべきだそうです。

身体は無条件にあたしたちを愛してくれています。

さすれば、あたしたちも何があっても身体を無条件に愛すべきだそうです。

身体に起こる不調はあたしたちと身体が協力して駆逐すべきだそうです。

それを決して身体のせいにしてはならぬそうです。

あたしたちの身体はあたしたちにとって無二の友なのですから。

あたしたちと身体が協力体制にある時、恐るべきものは何もないそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg
posted by miya at 02:50| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年11月02日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉