ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月06日

神棚の設置の仕方

神棚は、居間など家族が集まる部屋の目線より高い位置に、南または東向きに設置するのが良いとされています。

神棚は、神社で扱っておられるとこもあります。

しかし、神棚自体にこだわる必要はありません。

神棚がない場合、また設置する場所に困られる場合には、タンスや本棚の上にお祀りするなど、形にこだわりすぎずに、出来ることから始めなさるのがよろしゅうございます。

ただ、お祀りなさる時には、その場所を綺麗になさり、布や半紙などを置かれてその上に設置なさるのがよろしゅうございます。

神棚やご神札の前には、荒塩、洗米、水をお供えください。

これもその場所に応じたやり方で結構です。

何より神様を敬い、神様に感謝する場所を作ることが重要です。

そのスペースが、心を落ち着けたり、良い考えを思いついたりする場所として機能することも多いと承ります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 02:08| Comment(0) | 神主からの言葉

神棚と神札

神棚と神札に付きまして、お問い合わせを頂いております。

崇敬なさっている神社や氏神様をお祀りされている神社にお参りになさるのがよろしゅうございますが、御家庭にあっても、神棚を設けられ、神札をお祀りなさって、常に神様を意識し、感じて過ごされますと、神様にいつも護って頂けるとの意識も目覚め、心を明るく、強くするためにも肝要です。

神棚には、お伊勢様の神宮大麻と、地元の氏神様、そして崇敬なさっている神社のご神札をお祀りなさり、日々の暮らしの中での感謝と祈念をなさるのがよろしゅうございます。

神様はあたしたちに自由を与えられ、神様が何かを強制なさることはありません。

しかし、神様に近づく人は神様から守られ、神様から遠ざかる人には、神様は干渉なさいません。

人生がうまくいっている時には良いのですが、困難に遭遇した時、神様の御加護ほど心強いものはありません。

神様に近づくものには栄えると申します。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg

令和二年の暦9-9-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg朱印説明6-21-R2.jpegお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgsyaoku.jpgqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg
posted by miya at 02:05| Comment(0) | 神主からの言葉

解決方法はどこに

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、困難に際しまして、神様に助けを求めます。

まずもってあたしたちが認識すべきことはそれがエゴから出たものや、他人を傷つけるものでない限り、神様は必ず助けて下さるということだそうです。

それを確信する必要があるそうです。

次に神様の助け舟は、智慧という形でのものが多いそうです。

智慧で下さった助け船をあたしたちが物質の世であるこの世で実現させるのだそうです。

次には、神様は必ず助けて下さいますが、否、既に助けて下さっておりますが、あたしたちはそれを探す必要があるそうです。

まずは自分の心との対話で心におられる神様からお伺いすることだそうです。

次には、あたしたちの周辺に智慧が隠されていないか探すべしだそうです。

そのためには一箇所にとどまることなく動く必要があるそうです。

散歩の折に周りを、智慧を探す視点で見ることも肝要だそうです。

見つかりますとそれは自信につながり、神様の智慧の探し方のコツがわかり、神様とのつながりを確信できるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 02:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年11月05日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉