ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月08日

「立皇嗣の礼」記念の書置きの朱印とミニの書置きの朱印授与最終日

昨日もたくさんの方にお参り頂き、有難うございました。

本日、11月8日、午前11時、宮中に於きまして、「立皇嗣の礼」が執り行われます。

この、秋篠宮文仁親王様の立皇嗣を国の内外に宣明されるおめでたい皇室儀礼を記念しまして、昨日と本日、「立皇嗣の礼」記念の書置きの朱印とミニの書置きの朱印を授与しております。

沢山の方からお問い合わせを頂いておりますが、この書置きの朱印とミニの書置きの朱印授与は、本日が最終日となりますので、ご希望の方はご注意下さい。

なお、京都大神宮の社務所受付時間は、午前9時から午後4時までとなっております。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
立皇嗣の朱印4種11-6-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
posted by miya at 06:59| Comment(0) | 神主からの言葉

貯め込まない

風通しの良い職場が良いといわれます。

それはあたしたちの心も同様だそうです。

心に過剰に詰め込むのは良くないそうです。

それはトラウマであったり、未来への恐怖であったり、悪しき体験であったり、疑いであったり致します。

こういった悪しき否定的な想いを過剰に心に貯えるのを防ぐことが肝要です。

貯め込まれたネガティブな感情や処理されていないトラウマは、気や生命力の流れをブロックして、心を明るくリラックスしている状態にするのを阻害します。

これらを解放することが肝要です。

そのためには、毎日時間を取って神様の前で手を合わせ、神様の前で心を開き、神様の良き気を心に入れて風通しを良くし、祓詞や大祓詞などを唱えて心に滞る闇を神様の光で覆って消し去るのが良いそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 06:54| Comment(0) | 神主からの言葉

身体の声を聴く

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、神様やあたしたちを取り囲む環境、そしてあたしたちが付き合う人々や、物、等々に、常に感謝することが肝要ですが、それらにもまして、神様と同様に、いの一番に感謝すべきは自分自身、そして自分の身体に対してだそうです。

あたしたちの身体は、常に何が必要かをあたしたちに伝えています。

それに耳を傾け、身体が何を言おうとしているのかに注意を払うのが、あたしたちの仕事だそうです。

あたしたちの身体に耳を傾けるとは身体に感謝をする事に他ならないのだそうです。

同時に、身体に痛みが出た時も、その痛みを恨んだり、悩んだりせず、それも身体からあたしたちに何かを伝えようとしているとの視点で見るのが良いそうです。

さらに存じ上げている医師によりますと、健康のために控えるように云われているものをどうしても食べたいときには、身体がその食材を求めている場合もあり、過食にならない程度にとることも肝要だそうです。

身体は、素直に伝えてくれるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 06:51| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年11月07日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉