ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月12日

楽しむ

ある神職の方から教えて頂きました。

神道では、楽しむことはとても重要と考えます。

実際、神社で斎行されるお祭りには楽しい要素が入っております。

お祭りは、「神人和楽」と申しまして、神様と人が共に享楽する交わりです。

あたしたちは、この世に生を受けましたのは苦しむためではありません。

様々なことを経験し御霊磨きをするためですが、それは、苦しいものではなく楽しみながら行うものです。

神道では、すべてのもの事は、良くなっていくと考え、今の状況が悪かったと致しましても、これから良い方向に進んでいく前兆であると考えます。

パナソニックの創立者、松下幸之助さんは、「人生に起こるあらゆる出来事を在るがままに受け止め、感謝の心を抱きつつ、ベストを尽くして生きる」という「陽転思考」を提唱された由。

これこそまさに神道のいき方に他ありません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 01:56| Comment(0) | 神主からの言葉

結果ではない笑いも効果あり

ある神職の方から教えて頂きました。

笑いが健康に良く、心を明るくし、周辺を明るくし、それが翻って笑う本人に幸福をもたらすといわれます。

これは誇張でもなく、れっきとした事実だそうです。

さすれば、笑い続けるのが幸運の肝です。

しかし人は笑い続けられるのでしょうか。

それが出来るのだそうです。

楽しいから笑う、つまり、結果として笑うのではなく、笑っていると楽しくなるのだそうです。

笑いがナチュラルキラー細胞の働きを活性化し、免疫力がアップし、病気の治療や予防法としても注目されています。

困難がやって来ても、凹んでいましても笑い飛ばすというのが肝要だそうです。

とは言いながら、辛い時には笑えません。

さすれば、わざと笑うのだそうです。

馬鹿げた番組を見てもよし、今まで笑った時のことを思い出して思い出し笑いをしても良しだそうです。

笑ううちに辛いことは退散し、幸せがやってくるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
posted by miya at 01:51| Comment(0) | 神主からの言葉

「面白い」と「笑い」

ある神職の方から教えて頂きました。

神道では、ともかく何事も前向きに捉え、明るい環境を目指し、笑い、明るい心持や明るい環境が新たな明るい未来を引き入れると考えます。

その起源を探りますと、天岩戸に天照大御神様がお隠れになられ、この世が暗闇に覆われてしまったために、神々様の努力で天照大御神様がお出ましになられ、太陽の御光が麗しく燦然と輝き、神々様のお顔が白くなったところから、「面白い」という言葉が生まれたとされているそうです。

この「白」は色を意味するものではなく、「はっきりしている」という意味だそうです。

天照大御神様がお出ましになられたきっかけは、神々様の「笑い」によってであり、「笑い」により運が開けていくことを教えているそうです。

また、アメノウズメノミコト(天鈿女命)が天照大御神様のお出ましを願って踊られますが、手(た)を伸ばし(のし)て喜び舞うことから、「楽しい」という言葉が生まれたとも云われているそうです。

神話の時代から、日本の神々様は、面白いことと楽しいことが何より大好きでいらっしゃたのです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg
posted by miya at 01:48| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年11月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉