ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月17日

肌守り

お守りを身に着けておられますか?

お守りをお受けなさった方で、お守りは大切と財布に入れられたり、鞄に入れておられる方もたくさんおられるようです。

しかし、時代劇で「御守り」を首から懸けておられる姿を拝見しますが、肌身離さず身に着けることから、「肌守り」とも申します。

可能な限り、身につけられるのが肝要です。

ただ、時々お尻のポケットに入れておられる方もおられますが、座る毎に神様の上に座るのも非礼ですので、胸ポケットに入れられる、或いは首から懸けられるのが肝要です。

おしゃれ的に如何なものかと思われる方は、京都大神宮では、小さな大祓詞のプレイトを授与しておりますので、これをネックレスにつけられるのも肝要です。

多くの参拝の方からお守りに護られたとのお話を伺います。

改めてお守りを意識なさるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 03:16| Comment(0) | 神主からの言葉

お守りはお持ちですか

お守りはお持ちですか。

通常、お守りは、崇敬なさっている神社のもの、或いは産土の神様のお守りを持たれるのが肝要です。

たとえば、試験合格に特化して、天満宮のお守りをお持ちになられることもよろしゅうございますが、産土の神様や崇敬なさっている神社のお守りも同時にお持ちになられるのがよろしゅうございます。

時々、沢山のお守りを持つと神様同士が喧嘩なさるのではと心配なさる方がおられます。

神様はその様に了見の狭い方ではございませんのでその御心配はご無用です。

しかし、沢山のお守りを持つほどたくさんの御利益があるというわけでもございません。

崇敬なさっている神社の神様、或いは、産土の神様が全てを取り計らってくださいます。

京都大神宮では、厄除として古来より用いられて参りました七色鱗型のお守り袋に、天照大御神と豊受大神の二柱の神様の中符を入れて授与しております。

先祖の方からずっと京都大神宮のお守りを受けて身に着けておりますとおっしゃる方もたくさんおられます。

ご希望の方は社務所でご覧ください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
posted by miya at 03:13| Comment(0) | 神主からの言葉

玉の緒

ある神職の方から教えて頂きました。

それぞれの方にとって最も大切にし、縁を深くするべき神様は産土の神様です。

通常、産土の神様はお住いの最も近くの神社にお祀りされている神様とお考え下さってよろしゅうございます。

同時に大切にすべき神様は、崇敬なさっている神社にお祀りされている神様です。

人間の赤ちゃんがお母さんとへその緒で繋がれていますと同様に、産土の神様と産子は、玉の緒という霊的な見えない紐でつながれていると考えられています。

このつながりを霊脈と申しまして、あたしたちが大切にすべき繋がりです。

奈良県の石上神宮では、玉の緒のお守りを授与なさっておられます。

あたしたちが意識しようとしまいと、あたしたちは確かに神様とつながっており、神様はあたしたちを常にお守りくださっていただいております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg
posted by miya at 03:08| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年11月16日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉