ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月21日

鏡は毎日ご覧になられますか?

女性の方は、毎日ご覧になられる方が多いと思われますが、男性の方も、毎日ご覧になられるのが良いそうです。

神道では鏡を大切に扱います。

天照大御神様が天岩戸からお出ましになられる時、八咫鏡が用いられ、天孫降臨の際には、天照大御神様が、ご自身を祀るが如くに鏡を祀るようにと述べられます。

八咫鏡他、神様の依代として鏡が用いられることが多く、神棚の前にも鏡を置きます。

この鏡は依代であると同時に、拝むものが、おのが姿を映して自分を律するという意味もあるそうです。

国学の四大人の一人、平田篤胤は、人相が悪いと云われたため、毎日鏡を見て、人相を良くしようとなさった由です。

毎日、鏡を見て自分を律し、笑顔を鏡に映して、いつもその笑顔を思い出し、嬉しい時は当然として辛い時にもその笑顔を思い出して、笑顔になることが、辛さを追いやり、幸運を引き寄せる要諦だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 06:29| Comment(0) | 神主からの言葉

病気は自分で作りも出来れば治しも出来る

ある神職の方から教えていただきました。

今回の新型コロナウィルスでもそうですが、罹患しました時、周辺の人を恨み、環境を恨みがちです。

それも人情ですからしょうがないのですが、真実は、あたしたちが病気を自分で作ることも出来れば、治すことも出来るのだそうです。

これはプラシーボ効果として実際その存在が証明されております。

ある修行僧の方は、過酷な修行のせいか、健康診断で脳の一部が壊死し、白血球は、正常値の2分の1以下ということが判明したそうです。

通常なら、認知症など脳障害が現れ、癌が疑われるそうですが、本人は全く自覚症状がないそうで、医師も驚いておられるそうです。

存じ上げている方は、血糖値が500近くになられ、内臓破裂により一度心肺停止になられましたが、現在は、血糖値も正常値で後遺症も全くなく暮らしておられます。

修行僧の方は、心配されている医師に対して、「自分は、心配事があれば楽しいこと嬉しかったことに心の想いを変え、感謝することを忘れない」とおっしゃった由。

この心構えが健康の秘訣だそうです。

存じ上げている方はともかく毎日笑うことを意識的になさっている由。

笑いによって悪しき想いを嬉しいことに転化なさっているそうです。

病気は自分で造りも出来れば直しも出来るのだそうです。  

神様の子供のあたしたちに不可能なしだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg
posted by miya at 06:25| Comment(0) | 神主からの言葉

仮病が本当に

ある霊能者の方から伺いました。

例えば、学校や会社で嫌なことがあり、生きたくないと思って仮病を使う方がおられます。

たわいのないことと思いがちですが、あたしたちの心には、あたしたちの本体である神様の魂のかけらが鎮座し、本来疑いを持ちませんから、その仮病があたしたちが本当に求めているものと勘違いして、本当の病気を発症させることがあるようです。

また、同時に、本来病気は悪しきものであり、いち早く完治させたいものですが、病気になったことで、周りの方に面倒を見てもらえるなど益を得てそれを善きことと思ってしまいますと、あたしたちが表面的に病気から治りたいと思っておりましても、あたしたちの心は病気の方が心地よいと思ってしまう事もあり、さすれば病気は治らないそうです。

あたしたちの想いは必ず実現するのだということを新たに認識し、本当になりたいこと、したいことを心に描くようにすることが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 06:19| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年11月20日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉