ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月23日

お火焚き祭

本日、23日、午後5時より新嘗祭を斎行いたします。

京都では、「新嘗祭」を「お火焚き」と称する神社が多いのですが、当宮でも、「お火焚き」と呼んでおります。

新嘗祭は、天皇陛下がその年に収穫された新穀などを天神地祇(てんじんちぎ)に供えられて感謝の奉告をされ、これらを神様からの賜りものとして天皇陛下御自身も食される儀式であります。

毎年11月23日に宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われますが、同じ日、全国の神社でも斎行されます。

お火焚き祭は、江戸時代から京都で多く行われている神事で、奉納された護摩木を、火床に入れ焚き上げます。

秋の収穫に感謝し、厄除けなどを願いつつ、護摩木(火焚串)に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。

なお、新型コロナウィルスの感染拡大があり、神社庁からの要請もありますので、今年は、御殿内の新嘗祭の祭事は、神職のみで斎行し、その後、境内でお焚き上げをいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 07:59| Comment(0) | 神主からの言葉

日本書記

今年は、日本書記が撰上されてから千三百年を迎えます。

学校の歴史では、我が国初の正史として編纂されたと習われたと思います。

日本書記には、我が国の成り立ちの歴史だけではなく、あたしたちの祖先から伝わる大切な精神、国柄や文化などの価値観も伝えております。

正史とは、国によりまして公式に作られた歴史書のことを申します。

日本書記は、古事記とは異なり、最初から国の公式な歴史書を意識して作られました。

その特徴の一つは、時間の流れに沿って、歴史的事実などを記述する方式で記されているということです。

日本書記では、「一書に曰く」として、注意書きや、様々な言い伝えも列挙してあり、とても客観的に書かれているのも特徴です。

また日本書記を読みますと、天皇陛下がすべての民の幸せを祈りながら日本という国を作られたことが書かれています。

この民を思う気持ちを天皇低下が受け継いでこられたことも有難いことです。

この機会に日本書記を読まれるのもよろしいかと存じます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
posted by miya at 07:36| Comment(0) | 神主からの言葉

何も特別なことがないのが幸せ

ある神職の方から教えて頂きました。

毎朝、起きて、日光を浴び、息をしていることに気付く、これだけで何と幸せかと感じるのが、肝要だそうです。

神様に近づくとは、この何の変哲もない、当然と思っていることに心から感謝できるということだそうです。

何か特別な事、奇跡のようなことが起こりませんと感謝できないのでありましたら、特別なことはそう度々あることではありませんから、あたしたちはいつも不幸であるということになります。

しかし、あたしたちが今ここにいること自体が奇跡の集積、幸せのしるしです。

何かをすることに、何かができるごとに有難いと感じることが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg
posted by miya at 07:31| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年11月22日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉