ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年12月07日

じゃらんで京都大神宮の朱印の紹介をしていただきました

昨日もたくさんの方にお参り頂き、有難うございました。

京都は、昼間は比較的過ごしやすかったものの、朝晩は、とても冷え込みました。

ここ数日寒暖差の激しい日が続くようです。

また、関西では、大阪での新型コロナウィルスの感染拡大が酷くなってきているようです。

くれぐれも体調管理にご留意下さい。

ところで、京都大神宮では、毎月その月に因んだ書置きの限定朱印を授与しており、12月は、「年越大祓」と「師走 南天、柚子」の2種類ですが、「じゃらんニュス」で当宮の書置きの朱印をとりあげていただきました。

https://www.jalan.net/news/article/514580/
で、ご連頂けます。

なお、「じゃらんニュース」で紹介いただいた書置きの朱印は、過去のもので、終了しております。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「年越大祓」と季節限定朱印「師走 南天、柚子」12-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg山茶花12-1-R2.jpgミニ朱印「師走 雪うさぎ」と「雪と猫」12-1-R2.jpg
posted by miya at 07:22| Comment(0) | 神主からの言葉

自分は愛される価値がある

存じ上げている方は、次から次へと困難に会われます。

傍から見ておりましても本当に気の毒だと思います。

しかし、この方は、困難を乗り越えられる度に大きな器の方になりなさっているようです。

この方はある時、ある霊能者の方に、あたしは、あまりに辛いことばかりに遭遇するので、自分は愛される価値のない人間であり、神様はあたしを嫌っておられるのでしょうかと相談なさった由です。

この時、その霊能者の方は霊視をなさり、驚かれたそうです。

この方は、ほかの方にもまして神様が好んでおられる方ということが分かったそうです。

この時、霊能者の方と語り合われますと、確かに数々の困難に遭われても、最後には必ず神様の救いの手が来ていたことに気付かれたそうです。

この霊能者の方云わく、神様が愛されない方はおられず、愛される価値のない方は一人もいないそうです。

まずは自分自身は愛される価値のある人間だということを認識し、自分を大切にし、自分に感謝するのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「師走 雪うさぎ」と「雪と猫」12-1-R2.jpg

qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg大祓人型6-4-H30.jpg山茶花12-1-R2.jpg
posted by miya at 06:56| Comment(0) | 神主からの言葉

受け入れて解決する

ある神職の方から伺いました。

病気になりましたり、嫌なことに遭遇したりしますと、あたしたちは、それを認めようとせず、或いは、そこから離れようとします。

しかし、逃げようとすればするほど、悪しきことはあたしたちを追っかけてくるものです。

その理由の一つは、実は表面的には悪しきことでも、その中に幸せの種子を仕込ませて神様があたしたちに下さるものだからだそうです。

あるいは、魂の向上のための通過儀礼であるものもあるそうです。

病気や悪しきことに遭遇しましたら、そこから逃げずに、認めて、受け入れ、そして、それを解決することに集中し、次にそれを新しいポジティブな物語に置き換えていきますと、幸せの種子が芽吹き、身体のエネルギー回路も活性化し、バランスを取り戻せるそうです。

その様に努力する方を神様は必ず助けて下さるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg大祓人型6-4-H30.jpg山茶花12-1-R2.jpg
posted by miya at 06:51| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年12月06日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉