ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年12月23日

そのまま受け入れる

ある神職の方から教えて頂きました。

事実を、身の前に現れたことをそのまま受け入れるのが肝要だそうです。

どのようにひどいことが起こりましても、そんなことは起こるわけはないと駄々をこねても、そこから逃げようとしても、詮無いことであり、悪しきことほど、どこまでをあたしたちを追い詰め、あたしたちの心をかき乱します。

そして、その悪しきことで頭が一杯になり、問題を前向きに解決しようという気力が失われます。

さすれば、いったん、受け入れるしかないのだそうです。

しかしそれは敗北宣言ではなく、覚悟を決めることだそうです。

悪しきこと自体に価値判断はありません。

悪しきことをマイナスと考えるのはあたしたちの心です。

現象は現象と考え、現象自体に心を占領されるのではなく、まずは自分にできる最善のことを考え、次の一歩を踏み出すのが肝要だそうです。

そうした方に神様は必ず善き智慧を授けて下さるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「年越大祓」と季節限定朱印「師走 南天、柚子」12-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg山茶花12-1-R2.jpgミニ朱印「師走 雪うさぎ」と「雪と猫」12-1-R2.jpg
posted by miya at 01:21| Comment(0) | 神主からの言葉

過去に心を向けない

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちが認識すべきことは、あたしたちの将来を決めるのは、過去の積み重ねではないということだそうです。

将来を決めるのは、「今」の積み重ねだそうです。

やり直しのきかない過去と違って、「今」なら、どうにでもなります。

たとえ失敗という形で過去になったとしても、中今の精神で、「今」に集中して生きていけばよいのだそうです。

しかもうまくいきますと、結果としまして「過去」の価値が変わります。

「あの過去があったからこそ、今の自分がある」となります。

逆に、過去がいくらうまくいっていましても、今がダメだと過去の価値までも半減いたします。

過去の栄光などに執着せず、過去のことは忘れ、中今の精神で今に集中だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「師走 雪うさぎ」と「雪と猫」12-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg山茶花12-1-R2.jpg
posted by miya at 01:17| Comment(0) | 神主からの言葉

不幸は幸福への一里塚

ある神職の方から教えて頂きました。

不幸は嫌なものですが、表面上順風満帆な人生を歩んでおられるように見える方も、少なからず不幸を乗り越えてこられているそうです。

重要なのは、その不幸を幸せへのバネとして使うか、不幸の前にうなだれて退散するかだそうです。

寧ろ不幸がやってきましたら、これも巡りあわせと考えるのが肝要だそうです。

不幸に思える苦労があるからこそ、御霊磨きが出来、あたしたちの器量が大きくなり、問題の解決力が付き、そして幸福の度合いが増すのだそうです。

幸も不幸もあるから、人生は豊かになるのだそうです。

不幸は表面的には悪しくても、実はなかなか重要なものかもしれないそうです。

不幸は幸福への一里塚と考えればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
山茶花12-1-R2.jpg
110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg大祓人型6-4-H30.jpg
posted by miya at 01:11| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年12月22日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉