ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年01月04日

自分をほめる

ある神職の方から教えて頂きました。

けなすより褒めるのが良いそうです。

厳しくして伸びる方もおられますが、それにまして褒めて伸びる人が多いのだそうです。

それはなぜかと申しますと、あたしたちは、万能の神様の子供であり、本来、あたしたちは何事も努力で成しえることが出来るのだそうです。

褒めるとは、そのあたしたちが本来持っています才能に気付くきっかけになるのだそうです。

褒めて、勝手に自分でしている神様への蓋を取り除くことが肝要だそうです。

褒めるのは、他人のみならず、周りのものも、そして自分自身も褒めるのが肝要だそうです。

病気を克服した身体を、努力した自分を、やり遂げた自分をほめるのが良いそうです。

それは自信につながり、神様との絆を思い出し、可能性を確実のものとするのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定巫女朱印1-1-R3.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg1月の書置きの限定朱印「初参り」と「睦月初風」1-1-R3.jpg
posted by miya at 02:30| Comment(0) | 神主からの言葉

お金儲けもほどほどに

存じ上げている方は、才能のある方で、普通の方が一生かかって貯蓄されるような額を、若い時に稼がれました。

しかし、それにも関わらず、いまでも不安が募り、貯蓄に励んでおられます。

確かにお金によりまして多くのことを思い通りにすることも出来、不可能を可能にすることもできますので、お金はとても大切ですが、お金は使うもので使われない方が良いそうです。

ある霊能者の方によりますと、本当のお金持ちとは必要な時に必要なお金を持っている方だそうです。

そして、実は、あたしたちが本当に必要なお金は、神様から何らかの形で与えられるのだそうです。

この存じ上げている方に、お金儲けもほどほどになさって、そのお金でやりたいことをやられたら如何ですかと申し上げますと、貯蓄の金額を増やすことがやりたいことだとの由。

それもひとつの生き方で、決して悪くはございませんが、もっと広い視点で、人生を見ることも一興ですが。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
干支の朱印2種1-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif御札と暦3-31-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg1月の書置きの限定朱印「初参り」と「睦月初風」1-1-R3.jpg
posted by miya at 02:24| Comment(0) | 神主からの言葉

関西 開運御朱印さんぽ

この度、JTBで発行されている「関西 開運御朱印さんぽ」で京都大神宮の朱印やお守りを紹介して頂きました。

ご興味のある方は、書店などでご覧ください。

このムックでも紹介されています京都大神宮の七色鱗型のお守りにつきましては、その他の出版物でも紹介いただいており、お問い合わせもたくさん頂きます。

現在も授与しておりますので、御希望の方は社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御朱印さんぽ表紙1-3-R3.jpeg
御朱印さんぽ記事1-3-R3.jpeg
1月の書置きの限定朱印「初参り」と「睦月初風」1-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 02:17| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年01月03日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉