ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年01月10日

どうしようもできない

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、往々にしまして、自分の力で生きており、何かが起これば自分で解決できる、否、解決しなくてはならないと考えます。

しかし、真実は、あたしたちは生きているのではなく、生かされているのだそうです。

生かされているのであれば、どうしようもないことがあるということを理解すべきだそうです。

さすれば、あたしたちは運命にもてあそばれるのかと申しますとそうではないそうです。

あたしたちを生かしてくださっているのは神様ですから、あたしたちに悪しきことをなさるわけがございません。

さすれば、悪しきことが起こりました時には、受け入れ、中今の精神で、今この瞬間に意識を集中して、出来ることを頑張り、神様に今を感謝して任せきるのが良いそうです。

結果は、きっとあたしたちにとって良いものになるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定巫女朱印1-1-R3.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg紅白の南天1-1-R3.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg1月の書置きの限定朱印「初参り」と「睦月初風」1-1-R3.jpg干支の朱印2種1-1-R3.jpg
posted by miya at 01:50| Comment(0) | 神主からの言葉

不調和

嫌なことが続き、気持ちが晴れないことがあります。

存じ上げています神職の方にその様な時のことを相談いたしましたら、それは、神様との不調和から来ているのではないかとの由でした。

不調和とは神様とのつながりとは対極にあるものであります。

人間であれば、不断に不安であり、それが不満になったり、恐怖になったり、または逆に攻撃的になったり致します。

神様から遠ざかるばかりです。

それではどうしたらよいかと申しますと、神様との不調和を感じましたら、そのもとを取り除くようにすればよいのだそうです。

その方法は、未来の心配の9割は実現しないということを思い出し、自分は生きているのではなく、善の塊であり、あたしたちの生みの親である神様に生かされているのだから、全てはうまくいくと思うようにすることだそうです。

毎日ご神前や神棚の前でその感謝の祈念をするのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
干支の朱印2種1-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg1月の書置きの限定朱印「初参り」と「睦月初風」1-1-R3.jpg
posted by miya at 01:47| Comment(0) | 神主からの言葉

寿命

あるお医者様に伺いました。

医師になられると否応なく、人間の生き死にの場所に遭遇されるそうです。

この先生は、無神論ではいらっしゃいませんでしたが、熱心に魂や神様などを信じておられる方でもありませんでした。

ところが、生き死にの場所に遭遇なさって、人間の理解を超えた寿命があると思うようになられた由です。

もっと生きられるという方が亡くなられたり、逆にもう余命幾日という方が、とても長生きをされたりすることも多々あったそうです。

大きな存在が人の生き死にの後ろにあると感じられるようになられ、臨死体験をなさった方などの話を聞かれるようになられて、魂の永遠性を確信するようになられた由です。

それ以来、毎日神棚に手を合わすようになられた由です。

そして、同僚の方も、神棚に手を合わされている方が多いことを発見された由です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
1月の書置きの限定朱印「初参り」と「睦月初風」1-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg御朱印さんぽ記事1-3-R3.jpeg御朱印さんぽ表紙1-3-R3.jpeg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg
posted by miya at 01:44| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年01月09日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉