ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年02月27日

死霊とともに生霊にもご配慮を

ある霊能者の方から伺いました。

あたしたちは、幽霊を怖がります。

幽霊とは、原則、亡くなった方の霊のことを指します。

しかし、少数の例外を除きまして、亡くなれた方の霊は、神様や先に亡くなられた方のご援助もあり、浄化、成仏されますので、あたしたちの障害になるようなことはなさいません。

それに対しまして、生霊は生きている方の強い意志がその正体であり、恨みや憎しみなどは、直接影響してまいります。

このようなことが危惧されたため、昔から夏越の祓や大晦日に斎行いたします大祓祭に於きまして、大祓詞を唱えて、神様にあたしたちに迫ってまいります生霊を祓っていただき、心身を清めます。

しかし、大祓祭に加えまして、毎日、知らず知らず身に受けてしまいます、罪・穢れ・咎を自己祓することも肝要です。

死霊とともに生霊に対する配慮が毎日の幸せのために肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
梅の季節印2-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg紅白の梅の花2-23-R3.jpg
posted by miya at 04:29| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年02月26日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年02月26日

祖霊舎にもお供えを

ある神職の方から教えて頂きました。

神棚を設置しておられる方は多いようですが、最近は、祖霊舎を設置される方も増えてまいりました。

祖霊舎は、簡単に申しますと、仏教における仏壇に当たります。

仏教では位牌をお祀りいたしますが、位牌に当たりますものを神道では、霊璽と申します。

是非、神棚とともに祖霊舎も設置され、毎日手を合わされることをお勧めいたします。

祖霊舎は神棚より少し低いところにお祀りされるのが良いとされております。

祖霊舎にも神棚と同様に、荒塩、洗米、そして、水を供えられるのがよろしゅうございますが、それらに加えまして、生前お好きだったものをお供えされるのがよろしゅうございます。

ご先祖は、いつもあたしたちの近くであたしたちを見守って下さっております。

あたしたちも、先祖を思い出してあげるようにするのが肝要です。

先祖は思い出してもらうと、とても嬉しいのだそうです。

また、先祖の供養のためにご祈念なさるのがよろしゅうございます。

あたしたちが幸せになれば、先祖も幸せになり、先祖が幸せになれば、あたしたちは益々幸せになるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分祭限定朱印2-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpgミニ朱印2-1-R3.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg
posted by miya at 07:24| Comment(0) | 神主からの言葉