ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年02月01日

「縁」の限定の書置きの朱印授与

新型コロナウィルスの感染拡大が収束してきたようです。

皆さんの「密」を避けるご努力と、神様へのご祈念が実を結びつつあるのではないでしょうか。

外出自粛や外食自粛などで、人との縁が築けない方も多いと伺います。

そこで、本日2月1日から14日迄、「縁」の限定の書置きの朱印を授与いたします。

ご希望の方は、社務所でご覧下さい。

皆様のご参拝をお待ちしております。

なお、現在、毎月朔日と15日に斎行しております月並祭は、新型コロナウィルスの感染予防のため、神職のみで斎行しております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
縁朱印2-1-R3.jpg
節分祭限定朱印2-1-R3.jpg
梅の季節印2-1-R3.jpg
ミニ朱印2-1-R3.jpg
丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg
posted by miya at 04:13| Comment(0) | 神主からの言葉

「節分祭」の限定書置き朱印の授与

昨日、京都は寒い一日でした。

本日は昨日よりは暖かくなる由ですが、寒暖の差が激しい今日この頃、新型コロナウィルスの感染拡大もございますので、くれぐれも体調管理にご留意下さい。

さて、本日2月1日より、「節分祭」の限定の書置きの朱印を授与いたします。

ご希望の方は、社務所でご覧ください。

巫女のキーホルダーのお守りに付きまして。お問い合わせをたくさん頂頂いております。

また、今年の干支の丑のお守りに付きましてもお問い合わせを頂いております。

どちらも現在も授与しておりますので、ご希望の方は社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分祭限定朱印2-1-R3.jpg
梅の季節印2-1-R3.jpg
ミニ朱印2-1-R3.jpg
丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg
ミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg福豆1-20-R3.jpg
posted by miya at 04:04| Comment(0) | 神主からの言葉

梅の季節印とミニ朱印授与のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、有難うございました。

新型コロナウィルスの感染拡大の為、例年とはずいぶん異なったお正月でしたが、その1月も過ぎ去りました。

さて、従来の京都大神宮の朱印に加えまして、ご希望の方に捺させて頂く季節印、今月は、「梅」となります。

本日2月1日より2月28日まで押させて頂きますので、ご希望の方は、社務所でお申し付け下さい。

また、ミニの書置きの朱印も本日より授与いたします。

ご希望の方は、社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
梅の季節印2-1-R3.jpg
ミニ朱印2-1-R3.jpg
福豆1-20-R3.jpg
丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 03:55| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年01月31日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉