ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年02月07日

自分に優しく

ある神職の方から伺いました。

昨今のような新型コロナウィルスの感染拡大が続きますと、あたしたちの精神も、知らず知らず病んでまいります。

その結果、誰か非難をする相手を見つけてその方を非難する、敵と味方を作り、自分は正しいが相手は間違っていると考える、今日より明日は悪くなると考えるなどのことが起こり、それは悪のスパイラルとなり、益々人間関係が分断されます。

この原因は何かと申しますと、実はあたしたちが自分に優しくなくなるからだそうです。

どのような状況にも自分は神様に護られているから平気と理解し、恐怖を心から駆逐して、自分に優しくなりますと、その優しさは周辺の人への優しさとして拡大していくのだそうです。

どのような悪しき物事にも終わりはあり、終わりはすでに始まっていることを理解すべきだそうです。

自分は平気ともう一度理解し、認識することが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
縁朱印2-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgミニ朱印2-1-R3.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg
posted by miya at 03:53| Comment(0) | 神主からの言葉

ニュースを遮断する

アメリカの雑誌に面白いことが書いてありました。

それによりますと、今、健全な精神を保ちたいならニュース断ちをすべきだとの由です。

危機の際には、受け取るニュースの量をコントロールしないと、逆にニュースに主導権を奪われてしまうそうです。

暗いニュースばかり見ていますと気持ちも暗くなります。

情報収集のためにどれくらいニュースを読んだり見たりする必要があるのか、目安を決めるべきだそうで、さもないとニュースに呑み込まれてしまうそうです。

あらゆるこまごまとした情報や、テレビのコメンテーターが何を言っているかなど知る必要はないそうです。

1日に一度か、数日に一度、或いは一週間に一度のニュースチェックでも良いそうです。

絶対に必要な重大な情報は、誰かが教えてくれるか、自然とその情報を知るものです。

あまりに悲惨な情報やコメンテーターの非難に満ちた物言いばかりに接し続けますと、恐らく実際よりもさらに悲惨な「脳内現実」をつくり上げてしまうそうです。

自分自身のものの見方を保ち、今を生き抜くには、ニュースや非難ばかりをするコメンテーターの情報を遮断すべきか制限すべきだそうです。

情報大国のアメリカの雑誌にこのような記事が載ることには興味をひかれます。

あたしたちは、将来の不安の中に生きるよりも今を精一杯生きるのが肝要です。

毎日神様に手を合わせて、自分自身を見失わないように、今生かしてもらっていることを感謝することを忘れないようにするのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分祭限定朱印2-1-R3.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpgミニ朱印2-1-R3.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg
posted by miya at 03:49| Comment(0) | 神主からの言葉

集団と個人

スコットランドの作家である、チャールズ・マッケイ氏は、彼の1841年の著書である「狂気とバブルーなぜ人は集団になると愚行に走るのか」の中で、人間は、「集団で狂気に陥るが、理性を取り戻す時は一人ずつゆっくりだ」と喝破されているそうです。

昨今の新型コロナウィルスの感染拡大で、連日のようにやたら政策に対する批判ばかりの報道が目立ち、人々も冷静な判断をせずにその波にもまれているようですが、少し理性的になる必要もあるようです。

その際、あたしたちが心すべきことは、神様のなさることに間違いなし、必ず明日は今日より善き方向に向かうとの確信だそうです。

これまでも様々な危機があたしたちを襲ってきましたが、あたしたちは見事にそれを乗り越えてきました。

悲観的な考えに基づく行動より、今既に善き方向に向かっているとの核心による行動があたしたちを善き方向に導いてくれるそうです。

ある神職の方から伺いました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印2-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 03:44| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年02月06日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉