ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年02月12日

孤独と友になる

ある霊能者の方から伺いました。

友達がおられず、孤独感にさいなまれている方がおられます。

しかし、何事にも是非の両面があります。

この世に一人親友が見つかれば良しとすべきだそうで、そのような親友を持たれている方は素晴らしいことです。

その一方、親友が一人もおられない方は、敗北者かと申しますとそうではないそうです。

むしろ積極的に孤独と友になるのが肝要だそうです。

孤独の中には、静謐を好まれる神様がおられます。

孤独と積極的に親しくなりますと、神様の声が聞きやすくなれるそうです。

孤独と友になることにより、神様との距離が近づくのだそうです。

親友を見つけるもよし、孤独と友になることもよし、どちらを選んでも正解なのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
縁朱印2-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpgミニ朱印2-1-R3.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg節分祭限定朱印2-1-R3.jpg
posted by miya at 04:17| Comment(0) | 神主からの言葉

ものの上手な使いかた

ある神職の方から教えて頂きました。

ブランド物が好きな方がおられます。また、若作りを目指す方がおられます。

しかし、ブランド物が浮いてしまう方がおられますし、若作りしましてもそれは作られたもの、中身の精神と合致しておりませんと、寧ろ滑稽に映ります。

しかし、ものも使いようだそうです。

この神職の知人の方は、「こうありたい自分像」を少し高めに設定されて、その設定に合う装飾品や服を身に着けられるのだそうです。

そして、少し高めに設定された自分に合う装飾品や服に合う身のこなし方や精神を目指して努力されるのだそうです。

物によって自分を虚飾に染めて引き上げるのではなく、ものなどで目標を設定して自分自身を高めようとされるのだそうです。

両者はよく似ているようで異なるそうです。

あくまで自分自身をどうするかが肝要であり、それこそ魂磨きなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
縁朱印2-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgミニ朱印2-1-R3.jpg
posted by miya at 04:13| Comment(0) | 神主からの言葉

怒りの反対はありがとう

ある神職の方から教えて頂きました。

喜怒哀楽がございます。

この中で最も気を付けなければならないのは「怒」といわれます。

喜怒哀楽も神様がお創りになられたものですから、「怒」にも役目があります。

それは辛さで心が折れそうになった時、「怒」はその心の辛ささえもぶち壊してくれます。

その一方、怒りと申しますのは、人を自分の思い通りに動かそうとすることから生じることもあります。

そんなことは望んでも詮無い事であります。

他人は他人が主人公の人生を歩まれていますので、所詮、違う世界に住んでおられる方です。

さすれば、他人への怒りは自分に向けられてしまい、それは自分を害するだけです。

怒りの反対は、「ありがとう」という感謝だそうです。

他人に腹を立てる時、或いは自分自身に腹が立つときには、先ず深呼吸して、心の中で、「ありがとう」と何度も唱えるのが肝要だそうです。

自分自身にも、他人にも「ありがとう」と唱え続けますと、心がだんだん温かくなってきます。

心の中に芽生えた凝りや、イガイガを「有難う」で溶解させるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印2-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg梅の開花2-11-R3.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg
posted by miya at 04:08| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年02月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉