ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年02月24日

嫌なものからは離れる

ある霊能者の方から伺いました。

霊能力を持っておられない方でも、なんとなく嫌な場所、嫌な絵画、嫌なものというものに遭遇することがございます。

そのような時、嫌なものからは離れるのが肝要だそうです。

あたしたちが、「気持ちが悪い」と感じるとき、それは案外、危険を察知していることが多いそうです。

嫌な場所からは遠ざかり、帰宅時に、家に入る前に塩で清めて入る。

嫌な絵画などは買わず、飾らず、嫌なものは、塩を振りかけて捨てる、あるいはお焚き上げするのが肝要だそうです。

そのように致しますと、あたしたちの勘が益々さえわたり、悪しきことから遠ざかることができるようになるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分祭限定朱印2-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpgミニ朱印2-1-R3.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg
posted by miya at 07:06| Comment(0) | 神主からの言葉

神棚の前で過ごす

ある神職の方から教えて頂きました。

神棚に付きましてのお問い合わせをたくさん頂きますが、最近は、若い人を中心に、ご自宅に神棚を設けられる方が多いようです。

神棚には、お米を水で洗った洗米と天然の塩であります荒塩、そして、お水をお供えなさるのが肝要です。

また、余裕がございましたら、真榊とお神酒をお供えください。

より詳しいことをお知りになりたい方は社務所でお尋ねください。

さて、折角神棚を設けられたのでしたら、毎日、神棚に手を合わされるのが肝要です。

大祓詞や祓詞を唱えられるのがよろしゅうございますが、難しければ、ただ、「ありがとうございます」と心で唱えられてもよろしゅうございます。

また、少しの時間でも結構ですので、静謐を心掛けられ、神棚の前です過ごされるのが肝要です。

慣習となさりますときっと神様からの智慧を受けられるようになると存じます。

何より、何時でも神様が近くにおられ、見守って下さっているという意識を持たれるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印2-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg丑の干支ストラップとステッカー12-4-R2.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg
posted by miya at 07:02| Comment(0) | 神主からの言葉

紅白の梅の花

京都大神宮の境内には、一本の木に紅白の花が咲く梅の木がございまして、毎年縁起が良いとたくさんの方が撮影に来られます。

最近の気温の上昇か、沢山の花が咲いておりますが、よく見ますと、一つの梅の花びらに紅白が混じっているものもあるようです。

この木は、自然に紅白の花が咲くようになりましたが、その奥にありますオガタマの木は、何度も霊能者の方から良き気が出ているので大切にしてほしいとのお話を頂いた不思議な木です。

またその横にお祀りしております大地主の神様は、お参りなさると子宝に恵まれると云われております。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
紅白の梅の花2-23-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg梅の季節印2-1-R3.jpg
posted by miya at 06:59| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年02月23日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉