ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年03月26日

自分の身体を信じる

ある神職の方から教えて頂きました。

この世は物質の世界ですので、あたしたちの故郷である霊界と違いましてこの世を生き抜くためには身体が必要です。

この世での御霊磨きが可能になるように、あたしたちの身体は神様から貸して頂くのだそうです。

あたしたちの身体は神様がお創りになられてあたしたちに貸し与えてくださっているのですから、あたしたちの身体はあたしたちが考える以上に、大きな潜在能力を持ち、様々な困難にも立ち向かえるものだそうです。

自分の身体はそんなに軟なものと思わないのが肝要だそうです。

あたしたちには免疫力が備わり、身体が不調になればそれを修復する力を備えているのだそうです。

さすれば、あたしたちは心からそんなあたしたちの身体に感謝し、そして身体を心から信じることが肝要だそうです。

身体に感謝し、身体の力を心から信じれば、神様がお創りになられた身体は見事にそれに応えてくれるそうです。

あたしたちの身体は人間には作れないほど優れたものなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印「雛祭り」「つくし」3-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg季節印「雛人形」3-1-R3.jpg
posted by miya at 01:55| Comment(0) | 神主からの言葉

病気の身体に心から感謝する

ある霊能者の方から伺いました。

病気は嫌なものです。

病気を喜ぶ人などおられません。

しかし、霊能者の方の眼から見ますと、病気とは、決して悪いものではなく、気づきなのだそうです。

あたしたちは、この世に生を受ける前に、神様と相談して自分自身でこの世で解決すべき問題を準備してくるそうですが、その問題は、この世に生まれる前に忘れるように仕組まれているそうです。

しかし自分で仕組んだ課題には取り組まなくてはならず、病気はその忘れてしまった課題を思い出すきっかけを作ってくれるのだそうです。

病気になりましたら、気付きのチャンスだと思い、病気から何を得るのかを考え闘病しますと、その課題を解決した時に病気も消え去るのだそうです。

表面的に悪しきことでさえ、この世では無駄なことはないのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節印「雛人形」3-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg椿3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg
posted by miya at 01:51| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年03月25日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉