ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年04月02日

神様の子供を生きる

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは神様の子供です。

事ある毎に、このことを思い出し、確信することが肝要だそうです。

あたしたちには神様の生命が宿っております。

その生命が活きるから、生活というのだそうです。

あたしたちが神様の子供であることを確信いたしましたら、神様の子として、今を生きることが重要です。

神様の子供として生きるとは、その無限の潜在力、必要なものはすべて持っている、神様がいつも護って下さっているということの確信とともに、過去を悔やまず、未来を恐れず今を思いっきり生きるということだそうです。

何も心配せず、今この瞬間を自分の生命を輝かして生きるのが肝要だそうです。

そして、御霊磨きとは辛いことを耐えてやるのではなく、辛さの中にさえ宿る善きことを見つけ出して、楽しむことだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月のミニ朱印「桜」4-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg4月の季節印「桜」4-1-R3.jpg
posted by miya at 05:28| Comment(0) | 神主からの言葉

心を掃き清める

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちと神様との接点は至る処にありますが、そのもっとも大きな接点はあたしたちの心の中にあるのだそうです。

心には、あたしたちの本体である神様の魂のかけらが鎮座し、神様との接点になっています。

従って、神様の「智慧」を最も受けやすい場所も心の中にあります。

しかしながら、神様の智慧を頂くには、条件があり、それは、神様の波長とあたしちの波長とを同調させねばならぬということだそうです。

また、神様の智慧を頂く場所を心の中に作る必要があるそうです。

神様の波長に近づくために心を明るくし、同時に、取り越し苦労や、悪しき想いを掃き清めることにより心より駆逐し、心に神様の智慧を頂くスペースを作るのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月のミニ朱印「桜」4-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg4月の季節印「桜」4-1-R3.jpg
posted by miya at 05:21| Comment(0) | 神主からの言葉

生きる

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、霊界から、自分の可能性を広げるため、霊性を上げる御霊磨きのためにこの世にやって来ました。

あたしたちは、この世で、今この瞬間「生きている」のであります。

しかし、あたしたちは、往々のして、生きることになれ、「今生きている」ことを忘れがちなのだそうです。

「生きる」とは、あたしたちが神様の子供であることを認識し、神様から頂いた命を、中今の精神に則り、今この瞬間見事に輝かせ、楽しみ、思いっきり活動するということだそうです。

生きることの喜びを思い出し、思いっきり生きることが肝要だそうです。

思いっきり生きることの前では、過去の嫌なことも未来の不安も吹き飛ぶのだそうです。

あたしたちは確かに、息をして、今、ここに存在しております。

その意味をもう一度確認することが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の季節印「桜」4-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg
posted by miya at 05:04| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年04月01日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉