ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年04月20日

神札

神札のお祀りの仕方に付きましてお問い合わせを頂いております。

神札は、神棚の中にお祀りください。

神棚がない時には、目高の清浄なところに立てかけられてもよろしゅうございます。

原則的には、北を背にして南向き、或いは西を背にして東向きが良いとされていますが、難しい時には、こだわりすぎない方がよろしゅうございます。

熱心な方は、各部屋に神札をお祀りなさるようですが、それが悪いということはございませんが、静謐と清浄を保てる部屋に一箇所神棚を設置されましたら、特段各部屋にお祀りなさる必要はございません。

寺院でお受けなさったお札も祀られる場合は、神札から少し話してお祀りなさればよろしゅうございます。

神棚を設置され、毎日手を合わされることが何より重要ですので、その他のことにあまり神経質なられる必要はございません。

京都大神宮の社頭には、神棚の設置に付きましてのしおりもおいておりますので参考になさってください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春霞」と「桜」の限定朱印4-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg4月の季節印「桜」4-1-R3.jpg4月のミニ朱印「桜」4-1-R3.jpg
posted by miya at 03:09| Comment(0) | 神主からの言葉

神社を清浄に

ある神職の方に教えていただきました。

神社にご参拝なさる方は様々な想念を持ってお越しになられます。

お願いごとや感謝など様々な祈念をなさいます。

そのため、時には、良くない想念を神社に落としていかれる方もおられます。

そのため、どの神社でも神職は毎日祓詞や大祓詞を奏上してそのような悪しき想念を神様に受け取って頂き、神社を善き神様の気で満たすように心がけております。

また、良き気は良き処に集まりますので、神職が境内などを常に清浄にするように心がけております。

時々境内にごみを忘れられる方もおられますが、みなで善き気を境内に溢れさせるためにご協力ください。

多くの方が善き想念に満たされなさりますと神社自体も益々良き気で満たされるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月のミニ朱印「桜」4-1-R3.jpg
京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgsyaoku.jpgqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif朱印ムック6-21-R2.jpeg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg4月の季節印「桜」4-1-R3.jpg
posted by miya at 03:05| Comment(0) | 神主からの言葉

神札と神様の偏在

御家庭に神棚を設置いたしますと、そこに神様がおられるように錯覚致しますが、神様は、あたしたちの周辺の至る処に、そしてあたしたち一人一人の心の中にもおられます。

それでは、どうして神棚を設置頂くのが良いかと申しますと、何もないと神様への意識が散漫になるために一つの目安として設置すとお考えになられるのがよろしゅうございます。

神様は偏在なさるのですからどちらに向かってご祈念なさってもよろしゅうございますが、電波を出すアンテナの如く、ご祈念を捧げる目印がある方が、集中しやすくなります。

神棚をそのようにご理解いただければと存じます。

しかし、神様の設置場所ですから、清浄と静謐を保たれるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の季節印「桜」4-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg
posted by miya at 03:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年04月19日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉