ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年07月04日

神社を守る

ある神職の方から教えて頂きました。

最近は、若い人を中心としまして、定期的に神社を参拝なさり、ご神前で手を合わされる方が増えているようです。

新型コロナウィルスの感染などで、先行きがはっきりしない今日この頃、神様に頼られるのもよろしいですし、必ず神様から善き智慧を頂けるようです。

しかし、何かのきっかけで神社を訪れられる機会がありましたら、それは、神様とのご縁が出来たと意識され、せっかくのご縁ですから、そのご縁を大切になさり、偶然でもお参りなさった神社を守るとの意識を持たれるのが肝要です。

時々、神社を参拝なさっても、ごみなどを捨てて神社の境内を汚したり、パワースポットと称して、境内の樹木を傷つけられる方も多いと伺います。

それでは、せっかくの神様とのご縁も台無しです。

せっかく神社とのご縁が出来ましたら、その神社を自分が護るとの意識を持たれるのがよろしゅうございます。

掃除をなさる、ごみが落ちていたら拾われるなど、ちょっとしたことでも良いようです。

自分の神社という意識を持たれたら、自分のものを大切にするとの意識を持たれることが、益々神様とのご縁強固にすることにつながるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月の書置きの限定朱印文月「若鮎」「向日葵」7-1ーR3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg笹の木6-26-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg
posted by miya at 01:28| Comment(0) | 神主からの言葉

水と宗教

ある神職の方から教えて頂きました。

多くの宗教は、水と関係があります。

神道では、手水を使ってからお参りをし、キリスト教では、洗礼があり、仏教では、お水取りがあります。

左様に、水は、宗教にはなくてはならぬもののようです。

さすれば、その水は、神様に関係があるのですから、美しさが極まっている神様のこと、清くなければなりません。

住まいでは、キッチンや風呂場、トイレなど水回りをきれいにし、神棚や祖霊舎の水も綺麗に保つことが肝要です。

また、お住まいを決められるときには、きれいな水が流れているところを選び、川や海を汚したりせず、水を邪険にせず大切にするのが、幸運を引き寄せる要諦のようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg七夕特別限定朱印6-26-R3.jpg
posted by miya at 01:24| Comment(0) | 神主からの言葉

荒魂

ある神職の方から教えて頂きました。

神道では、あたしたちの魂は、一霊四魂と申しまして、神様から頂く、本体の一つの霊とその霊に伴う四つの魂から構成されます。

その四魂の内、荒魂は最も活動的な魂であります。荒魂(あらたま)といいますと「荒々しい」というイメージを持ちがちですが、これはもともと「荒」ではなく「顕」ではなかったかという説あるそうです。

「荒ぶる(あらぶる)」の「アラ」ではなく、「顕れる(あらわれる)」の「アラ」です。

日本での民俗学の泰斗、折口信夫(おりぐちのぶお)先生もそのように解釈なさっております。

神様が人間の前にその意思を顕わになさる時は、警告などの場合が多いようです。

それにはご宣託というような形があったようです。

この時、神様は、人の前に「顕レ魂(あれみたま)」として顕れる由です。

その意志を受け取る場所をとして、「荒魂(顕魂)」を祀ったのではとの由です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
七夕特別限定朱印6-26-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg笹の木6-26-R3.jpg
posted by miya at 01:21| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年07月03日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉