ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年07月06日

辛い時に神様を信じられますか

ある神職の方から教えて頂きました。

熱心に崇敬の念を持っている方は神様の善き智慧を受けやすい状態にあると云えます。

ところがそのような方でも、ことが順調に運ばず、辛い時にも、同じ気持ちで神様に対峙できるかと申しますと、なかなか難しいかもしれません。

しかし、あたしたちが、どのような状況にありましても感謝の気持ちで神様に手を合わせますことは、何より、肝要です。

そうであってこそ、神様を本当に信じ、神様に託しきっているからだそうです。

そして、実際、神様はあたしたちが辛い状況にありましても、常にあたしたちとともにおられ、その悪しきことを素晴らしきことへの種子と変えるべく、動いてくださっているのだそうです。

この感謝の気持ちで神様に手を合わせますことは、神様を本当に信じているということの何よりの証だそうです。

そして、これを敷衍しますれば、表面的にはいかにあろうとも、神様がなさることで、あたしたちに悪しきことなど本当はないのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月の書置きの限定朱印文月「若鮎」「向日葵」7-1ーR3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg笹の木6-26-R3.jpg七夕特別限定朱印6-26-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg
posted by miya at 01:29| Comment(0) | 神主からの言葉

自分だけの祈り

ある神職の方から面白いことを伺いました。

自分のためばかりの祈りには、自分だけの神様しか現れられないのだそうです。

良い祈りというのは、自分のことはできるだけ祈らないことだそうです。

神様からすれば、あたしたちが何を求めているのかはお見通しです。

善の祈りのできる方は、こちらから求めずとも、しかるべき時にしかるべき形で、与えられるべきものが与えられるのだそうです。

寧ろまずは、そのような自分になるように御霊磨きをするのが肝要だそうです。

しかし、何事も極端になると良いことはありません。

中庸が良いそうです。

さすれば、本当に困った時や苦しい時には、率直に神様におすがりするのが良いそうです。

何でも自分でできると思いましたら、それは、思い違いであり、慢心であります。

慢心は神様への道と逆方向に進むことになります。

神様は慎み深い人がお好きなのだそうです。

自信を持ち、しかし、慢心にならず、神様の子供であるとの意識をもって、神様に託し、少しずつできることを楽しんで明るく為すのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg七夕特別限定朱印6-26-R3.jpg
posted by miya at 01:22| Comment(0) | 神主からの言葉

神様のお役に立つ

ある神職の方から教えて頂きました。

神社を参拝なさるほとんどの方は、神様にお願いごとのある方だといえます。

確かに何か困った時には、率直に神様にお願いし、神様に託してしまうのが良いそうです。

感謝のご参拝をなさる方もおられます。

今・ここにいるだけで感謝すべきであります。

またお願い事を叶えて頂いた時には、お願い事の祈念自体にも増しまして、感謝のご祈念が肝要だそうです。

しかし、実は、自分のことなどあらためてお願いせずとも神様はあたしたちの状態とあたしたちが何を望んでいるかはお見通しであり、さすれば、神様がちゃんと取り計らってくださるので、ただ神様を信じ、託していれば良いのだそうです。

いっそ、もう一歩、進んで、神様のお役に立つご祈念をされるのは至高のご祈念だそうです。

人のため社会のために自分をお役立て下さいというご祈念だそうです。

なかなか言うは易く行うは難しですが、まずは家族のためにでも、恋人のためにでも良いので、小さなことから始められるのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
七夕特別限定朱印6-26-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg笹の木6-26-R3.jpg
posted by miya at 01:18| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年07月05日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉