ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年07月12日

大きな神社と小さな神社

ご質問を頂いております。

「新型コロナウィルスの感染拡大もあり、神社は遠く、厄祓のご祈祷をして頂きたいのですが、伺えずどうしたらよいですか」との由です。

あたしたちが最も重要視すべき神様は、産土の神様で、産土の神様は、お住いの近くにお祭りされている神様と考えて頂いてよろしゅうございます。

とても崇敬なさっている神様、あるいは神社がある場合は別ですが、そうでない場合は、産土の神様をお祀りなさっている神社でご祈祷をお受けなさるのが肝要です。

お住いのお近くに神社を見つけられることは、比較的容易かと存じます。

もしも神職がおられない神社であれば、そこに自身で行かれて、丁寧にご祈念なさればよろしゅうございます。

どうも、大きな神社は小さな神社よりご利益があると思っておられる方が多いようです。

それにも一理あるかもしれませんが、神様から頂くご利益に大きな神社、小さな神社の違いはありません。

大きな神社にはたくさんの方がお参りなさるので、むしろ小さな神社の方が、神様と一対一の対面が出来るかもしれません。

出来ましたら、産土の神様を祀られている神社、あるいは、とても崇敬なさっている神社と縁を結ばれ、しばしばお参りなさるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg祇園祭特別朱印7-10-R3.jpgミニの祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
posted by miya at 01:22| Comment(0) | 神主からの言葉

過去世も未来世も必要なし

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちの本体は決して死ぬことはなく生き通しの魂であり、この世に何度も生まれかわって飽くなき、果てしない神様への道を歩んでおります。

さすれば、過去はどのような人生だったのか、これからの人生はどうなるかと知りたい方がおられます。

また人によりましては、過去性を覚えておられる方がおられ、3歳から4歳頃の子供は、聞きますと一様にこの世に生まれる前のことを語ってくれるようです。

しかし、それでは、なぜ、全ての人が過去世を覚えておらず、未来世がわからないかと申しますと、それは必要ないからだそうです。

覚えている方、わかる方は必要のある方なのだそうです。

次に、覚えている方、わかる方がそうでない方より秀でているかと申しますと、これもまた間違いで、必要のある方はそうなり、必要のない方はそうならないだけだそうです。

過去や未来よりも今を、ここを、一生懸命生きるのが何より肝要だそうです。

さらに申しますと、この世を卒業して神様の元の戻りますとどうせすべてはわかるのですから、今、心でその楽しみを奪う必要はないそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgsyaoku.jpgqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg
posted by miya at 01:18| Comment(0) | 神主からの言葉

祇園祭

昨日10日から山鉾が街では立ち始めました。

現在、日本のみならず、世界は新型コロナウィルスの感染拡大で翻弄されておりますが、これは今始まったことではなく、とりわけ千年の都でありました京都では、歴史上何度も疫病に苦しめられてきました。

現在のような医療の知識のない時には、病気は、「疫神(えきじん)」、「疫鬼(えきおに)」などと呼ばれた病気の神様が流行らせるものと認識されてきました。

その後、この疫神は特定の人物の怨霊とも考えられるようになりました。

そこで、祇園祭が執り行われたり、また、御霊会が執り行われ、神様の祓の力で、病を祓い清め、打ち勝ってまいりました。

今回も、様々な方のご努力や、ワクチンなどの力により、少しずつ、新型コロナウィルスの感染も収まりつつあります。

そして、このこともきっと何か善きことをもたらす種子になっているのかもしれません。

文句を言っても非難しても、善きことは何もありません。

様々な努力をなさっている方にまずは感謝し、神様に感謝して、前向きに捉え、悪しきことから善きことが生まれるように努力したいものです。

立ち並ぶ山鉾もきっと善き祓になるものと存じます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
祇園祭特別朱印7-10-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg
posted by miya at 01:14| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年07月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉