ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年07月13日

科学では、大自然の一面しか理解できない

最近は、行き過ぎた科学万能主義が幅を利かせているようです。

昭和天皇様が喝破なさったように、行き過ぎた精神主義は害をなします。

しかしながら、行き過ぎた、科学万能主義も同様に害をなすようです。

最近は、身体も物質の塊と認識しての解説が多く、そこに宗教、霊、精神を持ち込みますと怪しく思う方もおられるようですが、科学者自らが認められますように、科学は大自然の一面しか描写できません。

すべては、偶然の連続ではなく、そこには、目に見えない偉大なものー神様ーの存在する場所がございます。

そういった偉大なものへの畏敬と人間に理解できないものがあるとの認識から、むしろ全ては必然との想いで自然を、そしてあたしたちの周辺を見るのも重要のようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg7月の書置きの限定朱印文月「若鮎」「向日葵」7-1ーR3.jpg祇園祭特別朱印7-10-R3.jpgミニの祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
posted by miya at 01:55| Comment(0) | 神主からの言葉

土地と産土の神様

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちが認識しております以上に、あたしたちが住んでいる土地は、あたしたちに影響を与えております。

例えば、関東と関西を比べますと、関東は硬水に偏り、関西は軟水に偏っているため、双方で引っ越しをしますと、慣れるまでお腹の調子が良くないそうです。

また関西は薄味、関東は濃い味、端午の節句に、関西では粽を食べますが、関東では柏餅です。

ほかにも土地によりまして様々な違いがあります。

左様に、あたしたちは住む土地から影響を受け、さすれば、あたしたちが住む場所をお守りくださる産土の神様を大切にする理由も納得できます。

逆に産土の神様を大切に致しますと、その土地に対する愛着も生まれ、土地・産土の神様との一体感が生まれ、その土地の善きことを有意義に使いこなせるようになるそうです。

出来ましたら、頻繁に産土の神様をお祀りされている神社を参拝なさるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg祇園祭特別朱印7-10-R3.jpg
posted by miya at 01:52| Comment(0) | 神主からの言葉

残さず食べる

食事の時、残さず食べておられますか?

宗教によりましては、食事の時に音もたてず、話もせず、食物に集中し、出されたものは残さず食べるという修業がある由です。

神道では、修行はありませんが、日々の生活が、修行であり、やはり、かつては、出されたものは残さず食べるということを徹底したものです。

意識の高い方は、ご飯粒を一粒も残さず食べるのは当然として、漬物にかけた醬油も漬物を食べたに残っていた場合には、お茶を注いで飲んだものです。

また、魚も、骨に付いたちっちゃな身も丁寧にとって、頂いたものでした。

これは、現在の食物ロスの防止にもつながるのではないでしょうか。

最近では、ビュッフェで食べないほど取り皿に取られて、案の定残す方もたくさん見かけます。

またダイエットと称して、あらかじめ、出されたものの3割は食べないという方もおられるようです。

食事では、あたしたちは命を頂いております。

そして、食事は、あたしたちが生きていく根本であります。

食べないなら最初から多くを皿に入れないのが肝要です。

最初から、少なくして頂くように依頼するのも肝要です。

食事の大切さ、命を頂く有り難さを再確認して食事をおいしく、ありがたく、楽しく頂きたいものです。

多くの宗教で、ご神饌に食物を捧げます。

食物の大切さを示しております。

食事が幸せの根本だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
祇園祭特別朱印7-10-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg
posted by miya at 01:48| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年07月12日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉