ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年07月15日

生まれるだけで丸儲け

ある霊能者の方から伺いました。

この世は、物質の世界であり、さすれば、あたしたちの故郷の神様の世界とは異なり、意のままにならないことがあり、また病気、困難、悩みなど、さまざまなネガティブなことが起こってまいります。

しかし、この世での経験は、あたしたちの御霊磨きを一気に進めるためのものであり、その観点に立ちますと、病気や、困難など一見悪しきことに見えますことも、すべからく、善きことだそうです。

この世で経験するすべてのものがあたしたちの御霊磨きのために、実はあたしたち自身と神様で相談してこの世に生まれ出る前に決めたものだそうです。

さすれば、何が起こっても、凹まず、後ろ向きにならず、ゲーム感覚で前向きに対処するのが肝要だそうです。

どのような結果であっても挑戦すること自体に意味があるのだそうです。

負けぬ限り、負けたと思わない限り、あたしたちの勝ちであり、霊性が上がるのだそうです。

しかもあたしたちが気付いていなくても、神様が御守りくださっているそうです。

生きてるだけで丸儲けとは申しますが、生まれるだけで丸儲けだそうです。

生まれたこと自体に価値があるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg7月の書置きの限定朱印文月「若鮎」「向日葵」7-1ーR3.jpg祇園祭特別朱印7-10-R3.jpgミニの祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
posted by miya at 02:16| Comment(0) | 神主からの言葉

荒祭の宮と多賀の宮

国学の四大人として夙に有名な本居宣長翁は、あたしたちは、直霊(なおひ)と申します天に通じる一霊、神の霊と、荒魂(あらたま)、和魂(にぎたま)、幸魂(さちたま)、奇魂(くしたま)という四つの魂が集まったものであると考えました。これを一霊四魂と申します。

その四つの魂の中でも、荒魂は有事において発動し、意志を顕わにするものとされております。

この四魂は、神様にも当てはまりますが、とくに有名なのが、内宮の天照大御神様の荒魂をお祀りする、荒祭の宮(あらまつりのみや)と外宮の豊受大神様の荒魂をお祀りする多賀の宮です。

因みに荒魂の宮のご祭神は天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)と申し上げ、多賀の宮の御祭神は、豊受大御神荒魂(とようけのおおみかみのあらみたま)と申します。

因みに、世界一の超能力者と謳われたベラ・コチェフスカさんが、外宮を訪れられた時、突然感応なさり本殿前で、平服なさったのがこの多賀の宮です。

内宮、外宮には、別宮と申しまして、ほかの神様をお祀りしているところもありますが、荒祭の宮と多賀の宮は、特別視されております。

それほど荒魂の力は大きいということであります。

伊勢に行かれた時には、是非、両宮をご参拝なさり、また、凹まれた時、何かを為そうと奮起なさる時、ご自身の荒魂に想いを致され、荒魂の力をお借りになられるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの祇園祭特別限定朱印7-10-R3.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg
posted by miya at 02:12| Comment(0) | 神主からの言葉

大谷翔平選手

今アメリカの大リーグで大谷翔平選手が大活躍されておりますが、もはやただの野球選手にとどまらず、社会現象になっているそうです。

それはもちろん野球がうまい選手であり、それも投打に活躍するたぐいまれな選手ではありますが、それにもまして、人に対する気遣い、マナーの素晴らしさなど人間としての素晴らしさが加味されているからだそうです。

知人のアメリカ人に聞きましても、日本人は、親切であり、物を忘れても誰かが盗むこともなく、少し時間が経ってから忘れたと思う処に戻るとそこに残っていると感心しています。

東北地震の時、アメリカ軍の方が食料を困っている人のところにもっていかれたら、「もっと困っている方がおられるので、まずその方を助けてあげて下さい」とおっしゃられ、軍人さんが感動された由です。

作家の司馬遼太郎さんが、例えば、電車の車内で乗客が少なく空いていても、日本人は、大きな場所を占領するのではなく、隅に座って、少しでも他人に迷惑をかけないように、他人が使える場所を広くするように心がけるような特性があると喝破されています。

しかし、今回の新型コロナウィルス禍によって、そんな日本人の美徳にもひびが入っているようです。

もう一度世界が感嘆した日本人の美徳を思い出して、今回の新型コロナウィルスの感染拡大も見事に乗り越えたいものです。

神様は、慎み深い方、高ぶらない方、熱心に努力する方を好まれるようです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
祇園祭特別朱印7-10-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg
posted by miya at 02:07| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年07月14日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉