ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年07月24日

宗教

最近は、宗教と申しますと、どうも悪しきイメージがついているように思われます。

宗教がらみの事件やスキャンダルが原因でもあります。

また、歴史家の方のなかには、中世は宗教の力が強く暗黒の時代とおっしゃる方もおられます。

しかし、実際はそうではなかったようです。

ルネッサンスへの胎動は中世に起こっております。

最初の大学も中世に創立され、また、宗教により心に安定をもたらすことが出来たようです。

それに比べまして、今や、死への不安や、危機的状況に陥った時に頼るものの喪失による極度の恐怖に悩む方が多いようです。

宗教という堅苦しい考えではなく、まずは近くの神社にお参りなさり、頭ではなく、心で神様の良き気、息吹を感じられ、神様に護られているという意識を持たれることが、あたしたちの多くの不安を和らげる第一歩となると思われます。

ある心理学の先生が興味深いことを語られます。

この方ご自身は、霊や神様のことを完全には信じられないそうですが、この方の患者さんを観察されると、明らかに霊や神様のことを信じられ、定期的に神社などを参拝される方の方が、心が安定し、難局に当たって前向きに対処でき、幸せなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
オリンピック開催記念書置き4種7-21-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg7月の書置きの限定朱印文月「若鮎」「向日葵」7-1ーR3.jpg祇園祭後祭り朱印まとめ7-18-R3.jpg
posted by miya at 01:10| Comment(0) | 神主からの言葉

過去にこだわらない

ある霊能者の方から伺いました。

自分の記憶や過去にこだわらないのが肝要だそうです。

「過去がこうだったから未来はこうなる」とは考えないのが肝要だそうです。

それでは、発展の可能性が無くなります。

あたしたちは神様の子供であり、さすれば、あたしたちには、無限の可能性があります。

奇跡を起こせる力を持っております。

「過去はこうであっても、未来はそうはならない」と考えるのが正しいのだそうです。

今までになかった可能性を意識するのが肝要です。

そのためには、過去に起こった事、全てのものにこだわらず、執着せず、いつでも手放せる状態におくことが重要です。

これは、辛いことにも当てはまります。

嫌な事、辛いこともそれに縛られず、手放すことだそうです。

状態がどうであれ、それに執着せず、そこから脱した自分を意識することにより、大いなる免疫力が動き出すのだそうです。

手放さない、執着することが、神様から頂いた大きな可能性にフタをしているのだそうです。

同時に、自分を褒めることも必要だそうです。

自分を褒めることは自分の可能性を確信することにつながるそうです。

あたしたちに不可能はないのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
オリンピック開催記念書置き4種7-21-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg7月の季節印「朝顔」7-1-R3.jpg祇園祭後祭り朱印まとめ7-18-R3.jpg
posted by miya at 01:06| Comment(0) | 神主からの言葉

祇園祭の後祭の書置きの朱印授与最終日

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都は連日異常な暑さです。

今年の7月は祭事が目白押しです。

昨日待ちに待ったオリンピックが開催されたと思いましたら、本日は、京都の祇園祭の後祭の日です。

ただ、今年も、新型コロナウィルスの感染拡大のため、山鉾巡行は、前祭同様中止となる由です。

来年は、新型コロナウィルスの感染も終息し、動く美術館といわれます、祇園祭の前祭と後祭の山鉾巡行を楽しみたいものです。

京都大神宮では、祇園祭の後祭りを記念しまして、書置きの朱印と、同じく書置きのミニの朱印を授与しておりますが、本日が最終日となります。ご希望の方は、ご注意ください。

なお、オリンピック・パラリンピックの開催を記念しまして、書置きの限定の朱印と同じくミニの書置きの朱印をそれぞれ2種、合計4種授与しておりますが、こちらは、25日迄となります。皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
祇園祭後祭り朱印まとめ7-18-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg祇園祭特別朱印別色7-18-R3.jpg祇園祭後祭りミニ朱印7-18-R3.jpg祇園祭後祭り特別限定朱印7-18-R3.jpg
posted by miya at 01:02| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年07月23日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉